大畑ひろふみ太極拳教室 携帯090-9388-0859

昨日は撮影に行ってきた。
もっと来てもらえると作業が進むのになあと出版社に言われるが、
月2回の時間をあけるのが精一杯。
ちなみに僕の次回の休みは、4月30日(日)。
商売繁盛でありがたい。
来来週には、初めて山形に出張指導に行きます。
遠方への出張指導は良い気分転換になり、楽しみ。

超短期留学での中国の学習スケジュールは、4時間で、24式と42式拳を学習する。
1日2時間の学習。
で、翌週早朝6時~7時15分で前日の復習講座をやった。

体育館2階へ移動中。
写真は、大学南門。まだ、暗いよ。

朝練 校門

この体育館の2階で朝練。
中には入れないので、もちろん野外です。

朝練 体育館

学生時代、僕もここで結構練習した。
ガラスに映る自分の姿とか見て形を直したり。
思い出の自主練習場所。


この朝練の内容は、前日の大学の先生より直接、指導をしてもらった内容の復習。
この講座を行うために僕は、5時起きして、講座を組み立てた。
どんな時も、お金を取らないでやる講座も手を抜かない。
「参加して良かった。」
そう思ってもらわなければ、有料・無料に関係なく人が集まらない。
大学の先生の講座は、時間の関係から解説が足りないとこや、
抽象的な表現があるので、
例えば、ビリョを緩めてとか。
そう言うところを補足して、講座作りを行う。
この朝練で理解が深まれば、この日の練習も更に来てよかったと思える内容になるだろう。

朝練人物③


このブログは営業なので、自己アピールが多いが、(笑)
こんな朝練から100%の力でやってくれる先生もそうそういないと僕は思うよ。





スポンサーサイト
世の中、昨日まで3連休だったが、全く連休感はなかったな。(笑)
昨日は森林公園のハッピースプリングパークのイベントにおいて
太極拳演武&体験をしてきた。

2015年より大学の先生になったのと、この森林公園の先生になったことで
仕事の幅が広がった。ありがたや。

去年はこのイベント南口からの入場だったが、今年は西口からの入場。
毎年、会場を変更して、広く森林公園の魅力を知って貰おうと言う意図ではないでしょうか?

会場10時入り。
打ち合わせをして、

IMG_4744.jpg


準備体操をして、

IMG_4748.jpg


通常だと体験をやって、演武だが、
今回は先に演武をやって、人を集め、それから体験に入るのはどうでしょう?と
森林公園職員の方に言われ、そのように進行。
なので、まず演武。

IMG_4747.jpg


刀は、舞台上じゃ狭いので、下で。

IMG_4743.jpg


で、今回は、僕の生徒さんで去年から剣術Aで大会に出始めた方が
人前でやるという場数を踏めるように、お誘いしたので、生徒さんの演武もあり。

IMG_4712.jpg

IMG_4711.jpg

お嫁さんとのツーショット。

IMG_4742.jpg


野外イベントは、時間が短くても普段太陽の下でやることがないから
いつも以上に疲れるな。
演武は、刀、槍を公園職員の方よりリクエスト頂いたが、
長拳系2種目はしんどいので勘弁してくれと話、
刀と太極扇にしてもらった。(笑)


午後は、今月は結婚記念月なので写真館に写真を撮りに行った。
去年からお嫁さんの提案で、毎月、出来れば式を挙げた日に。
今回のように調整がつかなければ、式を挙げた月に写真を撮り、
毎年ためて行くことにした。
下は去年の。

IMG_4716.jpg

この普段は絶対にしない写真館特有のポーズが非日常でいいね。( ・∀・) イイネ!
僕らの心配は、写真館のおじさん、体調が悪いらしく、
結構、検査入院ってことが多いようだ。
いつまでも元気で僕らの写真を撮ってほしいのだが。












パインズホテルのバイキングは、22時までやっているんだろうと思っていたら
土日祝日は21時までだった。
で、慌てて高速へ行ったら渋滞表示。
結局、間に合わなさそうなので、近所の爆弾ハンバーグに行って夕食を食べた。(笑)

で、帰って来て21時半には、もう寝てた。(笑)
たまにこう言う風にやたら早く寝てしまうことがある。
すると、翌朝は14時過ぎとかに目が覚め、仕事をはじめ、
こうやって朝っぱらからブログとかを打って、
それでもうすぐ寝て、でも何か変な時間に起きているから日中は微妙な感じで…
と、好ましくないスパイラルに入って行く。(笑)


超短期留学最大の目玉は、北京体育大学の先生に直接指導を受けれること。
この段取りをつけるのは難しい。
僕は18歳からずっと指導を受けている先生にいつもお願いしている。
先生は、現在、武術学部主任で力がある。
お客さんに、「先生、学内の色々な偉い先生を知っていますね。」と言われたが、
その通り。(笑)

昔は、みんな偉くなかった。大学の先生と言っても、僕と交流のある先生方は
みんな20代で若かった。
それで、あれから20年。
みんな年をとり、それなりに偉くなったのよ。(笑)

練習会場は、学内の武術館がおさえられた。

練習あげる用

僕らの練習スケジュールは、金土の午前。
金曜は大学の授業で使うから武術館は無理かもと言うのをどうにかお願いした。
だって、せっかくお客さんを連れて行ったのだから、好環境のとこで、
日本とは違う場所で練習して貰いたいじゃん。
武術ってのは、14m×12mの武術用絨毯コートの上で競うから、
当然、大学では8面、そのようなコートが常設してある。
写真のような感じにね。
上の写真でコート2面分。
だから、結構広いよ。

練習陳Ver①

高校卒業して、6年半は絨毯コートの上で練習してたから、
帰国して、体育館とかの板の間でやる時は、膝が悪くなるんじゃないか?
と心配したもんだ。
今は、すっかり慣れ、逆にたまにこう言う風に絨毯コートの上でやると
何か安定感がなく立ちにくい。(笑)

練習陳Ver②

通訳は、もちろん大学に頼めばつけてくれるが、
太極拳は1つの専門なので、専門用語が多く、普通の通訳では務まらない。
だから、いつも自分で行う。
お客さんは、「先生の同時通訳はすごいですね。」と褒めてくれるが、
もう18からこの先生についているのと、
いつも僕が話すことと変わらないので、そんなに難しい話じゃない。
でも、何か同時に中国語を日本語に訳す姿を見ると、
「すごいなあ。」って思う気持ちも分かる。
僕も昔、女子南拳日本チャンピオンの勝部先生が通訳を務めている姿を見て
武術も上手くて、中国語も堪能で、すごいなって思った。
上の写真、クリックしてね。
僕の通訳ぶりが右端に写っているから。(笑)


今回、先生の通訳をして思ったことは3つ。
1つ目は、帰国して自分でも継続して北京に行ってこの先生に習ったり、
日本国内で販売している身体の使い方本等で太極拳研究したりして、
それなりに理解が深まっている自信はあった。
今回、先生の講座でも普段、僕が話していることと全く同じ内容に触れていたので、
自分の指導レベルや着眼点にとても自信が持てた。
進んでいる方向は間違っていないと確信した。

2つ目は、気やツボ等の中医関係の勉強も自分で行い、
太極拳演武とリンクさせることが出来るようになった。
先生の動きを間近で見ていたら、しっかりツボも意識して、気を通していた。
この話は先生から聴いたことがなかったので、
もしかしたら僕の方が上を言ってる面もあるんじゃないの?
と内心思っていたが、そんなことはなかった。(笑)
テキストや日本国内の先生の指導では、誰も触れていないし、やっていないが
「螺旋の力を伴う動きならば、手のひらの角度はこうなるんじゃない?」とか
「この動きでの体重移動は必要?」とか思っていた部分は、
先生は僕が思っていた通りテキストとは違う動きだった。
やはり僕の体感は間違っていなかったと思うと嬉しくなった。

日本で仕事をしてると、
「先生しかそう言う動きをしてない。」とか
「そんな風に連盟の講習会では指導しない。」とか
「先生のそのやり方では、大会で成績が出せない。検定に受からない。」
とか言われることがある。かなり減ったが。
でも、いまだにこういう事を僕に行ってくる人がいるんだぜ。勘弁してほしい。

太極拳の根本を理解すると、活字化、テキスト化、マニュアル化するのは無理だ。
その無理なことを僕も含め書籍ににしたりしてやってるから、
記載事項と違うもの=× と思いがち。
でも、そう言う話でなく、とりあえず、大まかにこんなもんですよって
本やテキスト、DVDは言ってる。
だから、それが100点じゃないんだよ。
そこをおさえてからが、太極拳学習のスタート。

だから、その角度、位置を越えられ、
その先の研究、身体表現をしている今の自分は成長したなあって思う。


3つ目は、僕の生徒はうまい。(笑)
大会とかで点数が取れないのは、練習時間が足りてないだけだ。
動作規格は本当に6点満点だと思う。
大学の先生も今回来た人達はうまいねと褒めてくれた。
1月のシークレット講座でも外部の先生が、
皆さん、上手ですよと褒めてくれていたし。
当人たちは、リップサービスくらいにしか思ってないようだが、
なかなか上手になって来ているので、もっと自信をもってオッケーよ。

生徒の自慢話で思い出したが、
この間の都大会で初入賞出来、
「先生の個人レッスンを受けるようになり、他にどこにも行かずに、
言われたことだけやってたら入賞出来ました。」
とわざわざ挨拶に見えた。

これまで入賞出来なかった人が、入賞と言う枠に入れたのはすごいことよ。
嬉しいなあ。ヾ(*´∀`*)ノ
この方、太極拳以外の種目も資格をお待ちで、
身体の使い方とかを説明すると、自分のやってきたこととリンク出来るのよ。
多分、これまでの指導が抽象的過ぎたのだろうね。
あとは、もしかすると周りがああでもない、こうしたらいいとか
好意的な素人アドバイスを受けることも多かったのかもしれないね。
もともと持っていたものが、うまく開花したんだね。
それを僕のおかげと言って、わざわざ遠方からご挨拶に来てくれるんだから
ありがたいし、嬉しいね。
本当におめでとうだよ。オメデトウ(^▽^)ゴザイマース
僕も自分が全国大会で入賞した時の嬉しさを思い出したよ。
やっぱり賞を取るってのはいいよね。













いつもブログを見て、拍手をしてくれてる閲覧者の皆さん、ありがとうね。
引き続きよろしくね

今週は、やらなきゃいけないことが沢山あって、基本全部終わった。
旅行に関して言えば、大学の先生方へのお礼メール。
参加者の皆さんへのことで言えば、写真のお渡し、または郵送。
旅行中の写真を約400枚焼いたので、1人約20枚ちょっとを小分け袋に入れお渡しした。
まだ、もらってない方は、今週のお渡しですよ~

日曜に帰って来て、翌日5時には起きてネットで注文した。
IMG_4699.jpg

お急ぎ便で頼んだから、木曜までには来たので、
金曜から会える人には手渡し、会えない人には郵送。
IMG_4700.jpg

郵送組からは今日、届きましたのでメールが来たよ。
別にスマホで見れるから写真も焼く必要がないと言えばないが、
せっかく行ったのだから興奮冷めやらぬうちに写真を広げてご家族と旅の話でもして
楽しんで貰えればなあと思ってる。

もちろんこれは代金を頂いてません。
サービスです。
行事が終わってから、どう対応するかで今後の発展のあり方が決まる。
いつかのブログでも言ったが、祭りが終わってからが大事。


あおぞら杯も順調にエントリーがあり、募集168人に対し、すでに30名のエントリーがある。
4月8日(土)が締切なので、みんな~急いで~。
中国の先生方のビザは4月中旬までに降りる予定。
万が一のことを考え対策はとっており、
その話を進めたくて昨晩、東京に打ち合わせに行った。
備えあれば憂いなしだ。
まだ、終わってないのに、来年の集客方法についてもヒラメキがあった。(笑)

秋のあおぞらまつり同様に選手証としてのバッジのデザインもたたき台が上がって来た。

IMG_4710.jpg

公式大会のようなデザインでとてもいい。
デザインは美術関係の仕事をなりわいとしているお嫁さんがしてくれた。
文字についてもう少し見直しを検討するそうだ。
僕は前述したように何か大きな公式戦を思わせるこのデザインを
とても気に入っているのだが
見せてもらった時のリアクションが悪かったようだ。
旅の疲れのせいだ。申し訳ない。


旅に行く前にユンピョウ主演のイップマンをネット注文し、
それが旅中に届いていたので今週はそれを見た。

IMG_4704.jpg

ドニーイエンのイップマンとは違う感じだと前評判を聞いていたので
未だに期待もせず見ていなかったが、今回見てみて、結構面白かった。
これはこれでありだな。



中国の朝食はなぜ、お粥が出るのか?

朝食②

それは朝から固形物は食べにくい。
それに、寝起きは喉が渇くでしょ?
「先生、お茶を飲みたいんですが…。朝はお茶がないのですね。」と
生徒さんは言っていたが
これはお粥を飲みなさいということなんですね。ズバリ。


ツアー中の朝食は↓こんな感じでバイキング。
昼食、夕食はテーブル食だった。

朝食 バイキング



明日は、森林公園でイベントがあるよ。

ハッピー スプリング パーク 
会場は森林公園西口から入場。太極拳体験&演武は、10:45~。
来てね~


旅から帰国した日は、翌日、食事の支度をしなくていいよように
2日間かけてお嫁さんが特製カレーを作ってくれていた。

打ち上げ②


帰国日当日は、浜寿司に行った。
我が家は中国から帰国した日の打ち上げはいつも浜寿司に行ってる。
和食ってことで。(笑)

打ち上げ①


今日は1日休みだった。
よく休めた。
今晩は帰国後、この1週間予定通り仕事も進められ、
とりあえずは旅も無事に終わったので、
お疲れ様会を浦和パインズホテルに行って二人でやって来る。
生徒さんにこのあたりで美味しいバイキングだと教えてもらったが、確かにうまいね。
ただ、このあたりって距離ではない。(笑)
せめて川越くらいならいいのに。(泣)





北京体育大学って検索すると、
留学サイトだったり、学校紹介サイトだったりで、結構出てくるよ。
良かったら見てみて。
中国武術最高峰の大学よ。中国重点大学の1つ。

で、僕が紹介するのは大学内のホテル事情。
大学内には古いホテルと新しいホテルがある。
古いホテルと言っても、僕が住んでいた寮よりずっといい。
水・お湯は24時間出るし、部屋にトイレも風呂もあるからね。

この古い方のホテルができる前は、「招待所」と言うのが、
学校外から来たお客さんの宿泊施設だった。
僕が時々話題に出す香港スターの超文卓も卒業して、
デビューまでの1,2ヶ月この招待所にいた。

僕らが今回泊まったのは、新しい方のホテル。
古い方のホテルの方がもちろん価格は安いが、生徒さんが、
「新しい方にして。」と言うので、割高でもそっちにした。(笑)
中国のホテルは、あまりシングルがないね。
だから、1人でもツインルームを使えることが多い。
価格は、シングル価格で。
今回もやはりツインルームを1人で使うという贅沢なものだった。

部屋

どう?なかなか居心地良さそうでしょ?
外観はこんな感じ。

大学ホテル

で、ロビー。

ロビー


そう、中国って遅れてるイメージがあるけど、
そう思っているのは我々だけで、首都北京はもう東京とそんなに変わらない。
だから、怪しいものや胡散臭いものも見かけなくなり、
つまらなくなったと言えば、つまらなくなったが…。

生徒さんも中国、泊まるとこ大丈夫かな?食事大丈夫かな?と
初めて行く人は心配していたが、お腹を壊す人も体調不良になる人もなく
無事にみんな帰って来た。
旅先はやはり順調に行っても、何かしらのストレスは溜まるからね。
日本語も通じないし。
だから、自分一人で寛げる空間を確保してあげることは、
主催者としてとても大事。






僕がツアーを組む時は、
午後発・夜間着。午前発・午後着。
を好んで購入する。

価格で言うと
午前発・午後着。午後発・夜間着。
と言う現地滞在時間が長くなる航空券の方が高い。

帰国飛行機


僕が好んで上記を購入する理由は、その方が楽。
午前発便は10時か10時半離陸だから、
2時間前に空港に着くように行くには坂戸をほぼ始発で出なければならない。
で、帰国も遅延が生じた場合は、下手すりゃ成田についた時には
交通手段が東京までしかなく、その日のうちに埼玉まで帰れない。(>_<)

北京空港帰国

実際、過去にそういう事があった。
参加者は年配の方ばかりなので、ゆっくり出て、慌てず帰れる便を狙って買っている。
その方が安いしね。


僕自身も旅支度は出発日当日だから、その方がありがたい。
当日は大学への移動のみ。
21時半北京空港着。
入国審査、税関を出るのに小一時間。
で、空港から大学まで40,50分。
なので、23時~24時にホテルの部屋に入ることになる。

北京バス待ち

(大学からの送迎バスを待つ僕ら)

結構、年配者にはつらい移動だ。
僕は、「夜遅くまでしんどいけど頑張って下さいね。」と何度も声をかけることしか出来ない。
でも、みんな緊張してるから、疲労感はない。
ホテルは必ず全員1人部屋にしている。
その方が、楽だから。
で、やらしい話、129,000円。(笑)
お得だ。


結構、先生は1人部屋。
生徒は2人部屋と言うパターンが多いようだが、僕の旅行は全員1人部屋。






木曜から日曜まで “北京体育大学超短期留学”に行った。
このツアーは、お断りをしなければならないほど好評だった。
募集当初は、大塚先生との合同事業だったので、参加は誰でもOKだった。
これまで学習ツアーを何度も企画してきたが、
僕のお客さんでなくても参加OKと言うのはこれが初めて。
ただ、募集期間中に他団体からの参加申込がなかったので、
(締切後に行きたいのですが…と言う申込があったのですが…)
結局、僕のお客さんだけで行った。

練習ブログ用①


結論から言うと、今後、僕が自分のお客さん以外連れて行くことはない。
参加者の方からは、

「良かった。」
「この価格でこの充実度はすごい。」
「中国ってこんな面白いんですね。」

等の声をもらったり、人づてに聞いた。


走った。参加者に喜んで貰おうと全力で走った。
観光時にチケットを買うために先に走って買いに行ったり、
迷子になった人を探しに行ったり、
まあ、走った。
スマホを見たら、4日間で平均毎日約18km走ってた。
帰国後は、眠りが深く、目覚めた時には体中の筋肉が細かくちぎれてしまったのか?
と思えるくらいに疲れた。(o´Д`)=з


今日仕事に行ったら、「この旅行をやってどんなメリットが先生にあるのですか?」
生徒さんに聞かれた。
お嫁さんにその話をしたら、
「ひろふみさんが、台湾への学習ツアーを企画したとして、今回のような疲労感で、
今回のような収益なら行く?」
と聞かれた。

「行かない。」

「そう。それが答えだよ。」
なるほど実に明快だ。


そう。僕は6年半北京体育大学で暮らして、知人がいて、思い出があって、
そう言う場所だから、北京、楽しいよ。
北京体育大学の先生、すごいよ。
北京体育大学めちゃくちゃいいとこだよ。

大学内①
大校内②
体育館

ってのを言いたい。共有したい。(上写真3点校内)

毎週顔をあわせる生徒さんだから、とことんサービスして、
僕と同じように北京体育大学サイコー!と思ってほしい。
だから、僕はいつもお金、お金言ってるが、
売上が第一目的じゃないね。
今回行った生徒さんに言われたが、

「普通は先生の旅費を生徒の旅費にのせて、それプラス手数料ですよ。
先生、のせてないですよね。」

「この手の学習旅行は帰国後に団体内で販売する太極拳グッズを生徒のトランクに詰めさせ
運ばせるのがよくあるパターンなのに、先生、しないんですか?」

しない。
みんなに行ってほしいからね。
参加費30万で1回連れて行くほうが楽だよ。
でも、僕は参加費15万で2回連れて行きたい。
何度も行くと土地勘がつくし親しみがわく。
「1年ぶりに北京に行くね。楽しみだね。」とそう言う会話も生徒さんと楽しみたいし、
そこから思いを共有したい。

生徒に仕入れを手伝わせるなんて論外だ。
そんなの送料出して、関税払って、自分でやれって思う。
仕入れの手伝いなんかさせてご覧。
何で1人トランク内20kgまでと制限があるのに、
所属団体の販売商品を分担して持ち帰らなければならないの?
と思うよ。それだけで中国…無理に行かなくてもいいかなと思っちゃう。

と、まあ、僕は僕でこだわりをもってるこの学習旅行。
「そんなに大畑が言うほど、サービスよく、みんな喜んでんの?」
「そりゃ、大畑さん、あなたにはいいこと言うでしょ。生徒なんだから。」
と思った皆さん。

はい、ブログを読んで下さい。
超短期北京体育大学留学の全貌がここに!
スタート!



※あおぞら杯エントリー、只今、28/168人








いよいよ本日より超短期留学スタート。
数名のキャンセルが出てしまい合計15名での出発。
みんな僕を恐れず自由にやってるから今回も珍道中になることでしょう。(笑)

毎回、「先生のとこはよく人が集まりますね。」と言われる。
きっと僕が結構押してるんだろうなと思ってる方もいるようだが、
HP上にあるチラシを配るだけで、個人個人への声がけは行っていない。

なぜか?
子供の頃からこの業界を見てきて、
押しの強い代表者が、○○さん、中国に勉強に行きましょうよと
進めるのを見て、僕は無理矢理押して、人数を増やすようなことをしたくないと思った。
行きたい人、興味のある人は自分から行ってくる、詳細を聞いてくる。
時々、「もっと押せば来る人はもっといるのに。」とか
生徒さんに言われるがその気もない。(笑)

あと人が集まる理由は、価格だと思う。
僕が高校時代、所属団体の太極拳ツアーに行った時は
4泊5日程度で30万くらいした。
ネットもないし、情報が取りにくい時代だったから主催者の言い値。(笑)
多分、ここまで高くなくても、どこも20~30万としてたんじゃない?
で、今更価格も極端に下げられないし…
というとこで、この手の学習ツアーは最近、企画しにくいのかもしれない。
稼げるときに稼ぎたおしちゃった感じ。
僕が留学してる時も、
こう言う理由で日本からの学習団体が減って行ったんじゃないかな。
太極拳学習ツアー減退の一要因だとは思うよ。
地道にやるというのが大事だ。

お金は一度手元に入ると戻したくないものだが(笑)
キャンセルが出たときにもサッと
出来るだけ戻せる金額のMAXを返金してあげる。
例えば、今回僕は手数料を1人2万とっているが、4日前のキャンセルでも
1円も手数料はとらない。
ここまでずっと1人1人の部屋から学習までを手配してきてだよ。
ここで手数料を例えば、○割とか半値とか取ろうと思っちゃうんだよ、普通は。
もう手元にお金ももらっているしね。
でも、僕はとらない。中途半端なことはしない。
選択は、取るか、取らないかしかない。
だって、その方がわかりやすいでしょ。
僕がお客さんだったら、そうして貰えたら超嬉しい。
だから、僕は自分だったら嬉しいことをやる。
だから、売上、この不景気の中、伸びてます。(笑)
今年から催しのチラシは、オールカラーになったしね。(笑)

先週から3週間の留学に行ってる生徒さんから写真が送られてきた。
多分、僕らも土曜の練習はここでやると思うのだが。

IMG_4535.jpg
IMG_4534.jpg

そして、食事はここ。多分。

IMG_4536.jpg


参加者の皆さんには、3泊4日の太極拳ライフを満喫して頂ければと思います。
写真はクリックすると全部見れます。



※あおぞら杯、エントリー数只今 25/168人





いやいやクックパッドアプリすげぇ。
僕の料理の腕がドンドン上がって行くよ。(笑)
30分で2品出来るものと決め、選んで作る。
なかなか楽しい。
坂戸のもこみちになれそうだ。(笑)

腕はと言うと、太極拳で言えば、
まあ何とか人のを見ないで24式が出来ます程度。(笑)


今週から始まる北京太極拳学習ツアーのために
先月からマメに中国語を聞くようにしてる。
言い回しが日本語とは違うから、
日本語をそのまま中国語にしようとすると、すぐに話が途切れてしまう。
別に自分一人で行くなら、それでもまあ、いいが、
今回は生徒さんと一緒でしょ。
やはり先生さすが北京体育大学卒業。
中国語がペラペラと言われたいわけですよ。(笑)

で、電車や車移動の際には、ラジオ替わりにスマホで
中国語もの動画を探して聴いてるわけ。
で、毎回探すのメンドーだから、
HP上にここから入ればいろいろ見つかると言うページをアップした。


中国語学習サイト 


なかなか面白い。
ユンピョウの今はなくなったホクロ話や七小福時代の苦労話等、
本人の口から聞けるのが嬉しい。

他にも意外だったのは、ミシェールヨー。
あまり中国語(普通語)が上手くない。(笑)
多分、香港スターが話す広東語と普通語は別物だから、
学習しないとしゃべれるようにならないようで、
結構、みんな考え考え普通語を話している。
こう言う感じで言葉って上手くなるのねって感じがした。
僕の中国語はミシェールヨーくらいだな。
そんなにうまくない(笑)
ただ、全く喋れない人からみれば、すげぇペラペラに見えるが。(笑)
まあ、良かったらサイトを見てみてよ。
大畑先生の中国語の実力が分かる。



あおぞら杯エントリー数、只今、16/168人








3月1発目のブログ。
いよいよ今週木曜から超短期留学スタート。
すでに先週から僕の生徒さんが
親子で北京体育大学に3週間の短期留学を始めているので、
僕らが滞在中は、合流して一緒に動くつもり。

毎回北京に行くときには、まとまった何もしない時間が取れるので、
本を数冊買ってもって行くのが楽しみの1つ。
主に飛行機の待ち時間、フライト中、みんながお土産を買ってる時の待ち時間に
持っていった本を読む。
今回は、

気しない練習
伝えることからはじめよう
職業としての小説家
5時間快眠法

の4冊。
まだ、時間があるから他に何か買うかも。



あおぞら杯は、エントリーが168名のみ可能で、
すでに15名のエントリーがあり、残り枠153名。
いい感じな流れだね。


新刊が先月末に出た。

IMG_4433.jpg

一昨日川越の本屋に行ったら、表紙を正面にして立てて売られてた。
この「超シリーズ」はすでに「こだわりシリーズ」の冊数を超えた。
そしてDVDを2枚組(解説版・練習板)としたところ好調だ。
それぞれのDVDは2時間ちょっとあるので校正も大変。(>_<)

今はすでに新刊撮影を行っており、
上半期中には、書店に並ぶんじゃないだろうか?
それの撮影が終わり、編集作業に入ったら、
2年前から手つかずだったものの制作に入る。
こちらは、本来、去年の下半期にやるつもりだったので
書籍用の写真はもう撮ってある。



いつも言うが、僕はレビューを見ない。
大体分かっちゃいるが、諸々の理由なのよ。と思うことと、
別に自分が太極拳の日本一うまい男だと思ってるわけでもないので、
見ない。
多分、そう言うことがカ書き込まれているのではないかなあと思ってる。(笑)


上川達也がドラマで冴羽僚をやった時、
絶対俺の方がシティーハンターを理解し、思いが強い、俺が演じるべきだと思った。
僕はもともとスター志望だから。
漫画もキャッツ・アイ、シティーハンター、グラスハートと全巻持っていたからね。
でも、選ばれなかった。

太極拳も同じよ。
流れ、運、仕事で僕がやってるだけで、
例えば、前書きで今度陳式も出すことを予定していますと書くと、
自分の方が上なのに、何で大畑が出すの?
と思う人もいるでしょう。
安心して下さい。分かってますよ。
ただ、仕事なので、全心全力で取り組むしかないのです。