大畑ひろふみ太極拳教室 携帯090-9388-0859

13(日)は今年2回目の国営森林公園主催の早朝太極拳が実施された。

kikyuu.jpg

去年は後ろの気球に乗ったよ。
会場は緑に囲まれた素晴らしい環境。
国営だけあって、しっかり管理されている。

去年は6回あった早朝太極拳は、今年は2回。
ぶっちゃけ早起きして高速道路を使って行くので、
まあ、2回くらいがちょうど良い感じ。(笑)

IMG_9612.jpg


森林公園講師に就任して3年目。
今年は不思議とこの早朝太極拳も通常のしんりん教室も参加者が多い。
毎回20~30人は来てくれる。
1,2年目は結構悲惨な感じだったので、うれしい限りだ。
しかし、なぜ、急に集客数が上がったのかねえ?
太極拳人気がじわじわ来てるの?




2週間前くらい前。深夜0時過ぎ。
ウチは9階。
ベランダに珍客。
子猫。

きっと同じ階の飼い猫が逃げてしまったのだろうと保護した。

koneko.jpg

アメリカンショートヘア。
推定価格10~12万。
やはり飼い猫で翌朝7時半に飼い主さんが見つかった。
良かった。


この猫騒動に始まり、ここ半月の間に、
パソコンが壊れたり、駐車場の位置が変わったりと変化があった。
駐車場は、スタジオから700、800mほど離れた駅前の駐車場と契約しなおして
スタジオに行くたびに歩かねばならない状況を作った。
スパルタウオーキング。(笑)
行くたびに往復1km以上歩くことになった。

来週には今借りているトランクルームをもう少し大きいとこに変えようと思う。
あおぞらシリーズに使うテント等が増えたのと、本が増えた。
この商売は、結構資料(本)を必要とする。
言ってみりゃ飯の種だ。
ここをケチると繁盛しないので、
太極拳関係の新刊はもちろん、講座に必要だと考えられる本・DVDは買うようにしてる。
だから、ドンドン本が増えちゃうね。
本を横に積み重ねるのが嫌だから、抑え気味にしている購入も、
トランクルームが広くなれば、また買っていっちゃうよ。(笑)
経費はかかるが、いい傾向だ。
仕事が広がっている現状に感謝だ。





スポンサーサイト
今日はお嫁さんは出勤。
昨日のうちにこのブログに使う写真を取り込んでおいて貰えば良かったが
忘れてしまったので数日前に取り込んでもらった写真を使って打ち込むよ。

パソコンは自分のものがまだ来ないから
メールのチェックは業者さんからお借りしたパソコン。
ブログの打ち込みは写真の取り込み方の分かるお嫁さんのパソコンで、
と言う風に使い分けているからメンドー。

まずはまたまた食べ物の話だ。(笑)
丸亀製麺のナンチャラ牛うどんがうまいね。
期間限定で出て来たメニューだったけど、
なんやかんやで何かいつも牛なんちゃらをやってるよね。
やっぱみんなあの味、好きなんだな。
で、そのメニューを自宅で再現。↓右側ね。

玄米

左は玄米ご飯サラダ。
オリーブがいいアクセントになっていて、夏らしく涼しげでいい味。


翌日は残った牛で、ねぎ玉牛丼。

牛丼

これもいいねえ。



で、食べ物の話題ついでに…
永原チャンピオンとは池袋の居酒屋、魚金に行った。
僕は下戸なので、あまり居酒屋を利用しない。
もちろんこの店も初めて。
魚ならここ!
安くてボリューム一杯とチャンピオンお薦めの店。
見てよ。
2,000円ちょっとでこのボリューム!↓

永原さんおすすめ

みんなお得感を知っているので、予約していかないと入れないと言っていた。
チャンピオンインタビューは、いよいよ次回が最終回。
読んでね~



一昨日土曜に、
前回練習をお休みした生徒さん2名は一緒に山に旅行に行っていたので
お休みしたことが分かった。
ええ~!このクラスで知り合って、一緒に行ったの!?
驚き。

けど、ちょっぴり嬉しい。

教室運営をするときに思ったのは、
地域コミュニティに多少なりとも貢献出来ればいいと思った。
だから、町のスポーツクラブなんて、
そこで知り合い友達になって食事に…ってこともあるようだし、
コミュニティを形成するためのアイテムとして、
いい形で活用されているのではないだろうか?
僕のところもそうなってほしい。
なので、中国武術教室がきっかけで知り合い、
一緒に旅行に行ってもいいと思い、出かけて来たなんて、いいじゃない。
大人になって、利害関係がないとこで、友達になって、ちょっとお出かけ。
いいね。
(・∀・)イイネ!!





いよいよ夏休みに入ったね。
僕の夏休みは第4木曜からで、お盆中も通常営業。

お嫁さんのパソコンを借りて、ブログに写真が取り込めるようになった。
お嫁さんが夏休みになったので食事を作る時間が出来、
我が家も外食が減り、毎日自宅で食べてるよ。
こんな感じ↓
夏3

チョコバター、懐かしいでしょ。(笑)
中学を卒業して食べた記憶はないな。
懐かしいので買ってもらった。
夏2

よく行くインド料理屋の味を再現したんだって。
ナンはオーブンだが、タンドリーチキン以外は手作り。
玉ねぎのサラダまで作る懲りよう。(笑)
すごい。
夏1



日本チャンピオンインタビューは↓の感じで行ってます。
写真をクリックすると全体が見えます。
永原1

どのような学習の仕方が良いか、チャンピオンが語ってくれました。

それは、演武は中国の先生のものを目に焼きつけて、
指導は日本の先生に習うのがベスト。
だそうです。

中国の先生は、子供のころからやっているので身につきすぎている。
長嶋みたいな感じで、僕らから見たら才能にあふれている天才タイプ。
バーンとかシュッとか擬音で表現することが多い。
疑問点を聞いても回答がわかりにくいことがある。
確かにそう言う傾向はあるなあ。

しかし、日本のチャンピオンクラスの先生は、大人になってから始めた人も少なくない。
苦労して頭で理解して、身体を使って覚えてきたから、
演武もうまいし、言語表現もうまい。
確かに。

僕自身もこの言語表現をうまく使って指導が出来ると言うことを
ずば抜けた能力で出来なければ、太極拳指導の仕事で生計を立てるのは難しいと思う。
実技が出来る、講義も出来る、日本人講師に求められている要求は高い。


先生にもタイプがいて、大別すると
やたら解説が詳しく、身体を動かす時間が少ない、“質”タイプ。
と、
とにかく練習!の“量”タイプ。
どちらに偏り過ぎていてもいけない。


永原チャンピオンが自分がうまくなった理由に
たくさんの先生についたと話されていた。
「本当はよくないのかもしれないが、
そのおかげで色々なタイプの先生の指導を受けることが出来、
それがプラスになった。」
と話してくれた。

なるほど。

一般的には、多くの先生に習うよりは一人の先生にしっかり習う方が良いと言われるが、
これもまた、その選手のタイプによるのかもしれない。
少なくとも永原チャンピオンにとっては、多数の先生についたことがプラスに転じたようだ。




チャンピオンになるためには相当な練習が必要。
一体どのくらいの練習量をこなしているのか?

10年くらい前に、
90年代を駆け抜けた長拳3種総合女子チャンピオン神庭選手と
話を出来る機会があり、
「引退した今でも練習をしているのですか?」
と質問すると、
「週3、1回2時間はやってます。」
と言われた、

では、永原チャンピオンがその栄光を勝ち取るためにこなした練習量は!?
ナント、はい、皆さん驚きますよ。

週9

笑った。えっ何?週9?おかしくない?
チャンピオン曰く、
「毎晩2,3時間の練習をして、
土日は午前・午後と平日夜間と同じように2,3時間の練習をこなすので
ここを4日とカウントして、週9。」
だそうです。
なるほど。うまいこと言うね。(笑)


中国武術を始めた時は、
それっぽい動きをやってるだけで大満足。
それで充分だと思っていたのが、やればやるほど面白い。はまった。
やってくうちに自分の力を試したくなり、全日本選手権にエントリーをしたんだって。
中国武術の何にはまったかって?
ガチャガチャした感じだって。
面白いこと言うよね。


中国武術って僕はかっこいいパフォーマンスだと思う。
ヒップホップ等のダンスや新体操のように。
しかし、永原チャンピオンはそれを否定。
いわく
中国武術=マーシャルアーツ。「ずばり武術。」だと言う。
だから、実践において使えてなんぼ。

「やたら戦闘理論に詳しい人も多いけど、
理論とかそんな小難しいことじゃなく、
僕は単純にスピードとパワーのぶつかり合いだと思う。
だから、より早くより力強く動けるためには、
身体能力の向上が必要不可欠で、
それを高めるのに期待出来そうなのが長拳だった。
だから、やってみようと思った。」

ちなみに僕は、速い動きの中国武術をやりたくて北京体育大学に行った。
大学のカリキュラムは、武術未経験者は長拳から始めるだった。
だから長拳をやったんだけど、この長拳はまさに運動に必要な五大要素、
1 柔軟力
2 機敏性
3 瞬発力
4 持久力
5 パワー
を向上させてくれる。
そのため、中国の競技武術チームまたは学校に入れば長拳から入る。


永原チャンピオンが23歳で初めて学んだ中国武術は伝統武術だった。
伝統武術をさらに昇華させようと思ったら、長拳が必要だと感じた。
この選択は間違いないし、この答えを導き出せるのも永原チャンピオンのセンスの良さ。
太極拳上達にも実はこの長拳の基礎練習は大変役に立つ。
ドンジャオとか高く上げたかったら必須。
奇麗なプーブゥをとるためにも必須。
ちなみに中国の太極拳選手で長拳の練習をしないで、いきなり太極拳と言う選手はいない。
みんな長拳の徒手、短機械、長機械をマスターしている。








永原さんは、昭和48年生まれ。
僕は49年生まれなので、僕の1つ上の44歳。

中国武術に興味を持ったきっかけは、ジャッキーチェン。
永原さんいわく、
「昭和47,48,49年のこのあたりが
一番ジャッキーチェンの影響を受けているらしいですよ。」

ピンポーン!

このあたりが小学校高学年の時が、
日本ではジャッキーチェン人気が最高潮だったため、
TVでも最もジャッキー映画が流れていた時代。
当然、大いに小学生に影響を与えました。
ちなみにこの間、カンフー本を読んでいたら
この世代をジャッキー世代と言うらしいと記述があった。
納得。


永原さんは、富山県出身。
TVを見て影響を受けたものの
日本で中国武術が習えるとは思わず、
カンフーは中国でしか出来ないものと思っていた。
仕事で上京し、23歳の時に中国武術教室を見つけた時は、
「日本で習えるんだー!」ととても驚いたと話していました。


ここで僕は驚いた。
23歳からのスタートで日本チャンピオンになってしまったことに!
相当身体能力が高かったんでしょうね。
ちなみに永原さんは、長拳(剣術A)の日本チャンピオン。
太極拳はたしなむ程度で、断然、速い動きの中国武術が面白いらしい。


先月末に入りパソコンが壊れ、今月半ばに新しいものに変わる予定。
パソコン関係の仕事をお願いしている会社に泣きついて、
どうにかしてほしいと頼み込み、
「とりあえずウチのパソコンを使って下さい。」と、
先ほどセットアップに来てくれた。ありがたすぎる。

ただ1つ問題が!?
写真が取り込めない。
半月後には、新しいパソコンの納品とセットアップに来てくれる予定なので
それまでは“文字のみ”のブログが続きます。(笑)



ここ数回、「あおぞらまつり」について
ブチブチ、グチグチ本音を言っていたので動きがあった。(笑)
すでに申込みを頂いたり、先月入会した若い生徒さんより
「太極拳は始めたばかりで出来ないのでエントリーは無理ですが、
お手伝いなら出来るので、やらせて下さい。」と申し入れがあった。
良かったよぉ。グチグチ言って。
8月の会報誌上でも書きたいことを書いたので、
受け取った生徒さんは人によって反応はまちまちのようだが、
僕が仲良くしたい生徒さんからは、
「先生のブログ、ワイルでいい感じになりましたね。」と言われ嬉しい。
これからはかっこつけないで、そして、人が離れていくことを怖れず、
出来るだけ本音で行こう。
働き方改革とか話題に上がっているけど、
僕も自分の中の働き方改革を進めたい。
ブログも会報誌も読んでみて、いい感想なら言って。
「もっと謙虚になるべき。」とか、「オープンに言いすぎ。」とか
批判的な話はいらない。僕の耳に入らないとこでお願い。





で、本題。
今日は、第1回「あおぞら杯」のグランドチャンピオンでもあり、
第10回「あおぞらまつり特別演武者」でもある永原智聡さんと僕との対談をお読み下さい。
こちらが永原さん!!   
↓↓

ここで写真だよね。

けど、最初に言ったじゃん。
なぜだが読み込まないんだよ。(悲)




8月1日(火)東京で永原さんと食事をしました。
5月の「あおぞら杯」まで面識がなかったので、
10月の「あおぞらまつり」で演武をお願いしている都合上、
やはりどんな人か今後仕事を進めていく上で知っておくべきだし
興味があったので食事に誘ってみた。

お会いして帰宅間際に、永原さんから
「大畑さんから食事の誘いのメールが来て、
何か裏があるのかと思いましたが何もなかったですね。」と言われた。(笑)
あるわけないでしょ。(笑)

そんな永原さんとの会話を文字おこししてブログに載せようと思ったので、
ご本人に承諾をとり、OKを貰いましたので、
今後2回に分けて永原さんの武術観等に迫ります。







連休があけて今日から新しい一週間のスタート。
連休と言うものの、完全に仕事のことが忘れられる訳も無く、
昨日はお嫁さんと、「あおぞらまつり」に使うテントを買いに行った。

IMG_6349.jpg





















2.5m×2.5mのテントを2つ買った。
これまでは、↓の感じ。

3.セット完了









小さくて見えにくいのですが、
赤いテントが2m×2mのもの。
それにパラソルを立て、本部席としていた。

それを今後は、2mの赤いテントを受付のスタッフ用に、
パラソルは選手待機場所のスタッフ用に使い、
今回購入した2.5mのテントを2つ並べて、本部席スタッフ用にする。

聖天宮は、あおぞら一杯の素晴らしい環境を演出できるのだが、素晴らしすぎて…
日除けがない。(笑)
スタッフは、1日仕事なので結構ハードだ。
これまでは、年間「あおぞらまつり」1本だったので、
1本のためにテントばっかりはいらないだろと思っていたが、
今年より「あおぞら杯」が加わり、年間2本のあおぞらものがあるので購入を決めた。

そんな「あおぞらまつり」は、10月8日(日)。
詳細は↓↓↓
第10回 あおぞらまつり詳細


すでにブログでも触れたが、
僕個人の意見です。

見に来るなら出てくれ。
「見に来ました。」と言うのもありがたいが、
これではこちらに1円も入らない。
去年はこのまつりに20万ちょっとかかった。
日本チャンピオン等、ゲストを呼ぶにもお金はかかるので、運営費が必要。
見学者がいない中、やってるよりは、そりゃ大勢の見学者がいた方が
演武者はやりがいがあるが、
運営側は、それを無料で見て帰ってもらっても正直、1円にもならず、
それでは、年々しょぼくなってしまう。
見に来るだけの人だって、やはり何か見れるかもと言う期待もあるから
足を運ぶわけでしょ。
それがもしも地元の公民館のサークルの発表だけだったら、わざわざ来る?

ゲストなしでいいじゃんと思われる方もいるだろうが、
もともと役所主導の時はゲストはなかった。
けど、盛り上がらなかったんだよね。
結局、地元サークルだけの発表じゃ、その場にいるのはそのサークルの人だけだった。
かなり寂しかったぞ。
それで、ゲスト演武者を呼ぶようになった。

このブロクを読んでくれている方々へ、
お願いだから、
「来年出ます。」とか
「今年は見に行くだけにします。」と言うのはなしにして
せっかく来るなら、仲間に声をかけてエントリーしてほしい。

5人以下の場合は、集まった人数で7,500円を出せばエントリー出来るので、
お稽古事の発表会としては、そんなに高い金額ではないので出てほしい。
これがこのブログを見てくれた
いまだ「あおぞらまつり」に参加頂けてない他団体の方々への僕のメッセージです。





僕に習っている生徒さんへのメッセージは、「全員参加」で頼む。です。
ただ、実際は、そうもいかないのも分かっているので、
これまで一律に月謝内のサービスも月謝外のサービスも同じにしていたのを改めたい。
来年以降、誕生日のプレゼント、修了証の発行等、それとなくサービスしてきたものは
お得意様限定とする方向。
街の商店のようにいっぱい買ってくれた人には、
「ちょっとこれおまけしておいたわよ。」みたいな形にしたい。

月謝内のサービスに差をつけるのは論外。
同じ金額を支払っているのだから、当然、サービス内容は同じべき。
※ただし、そのクラスの雰囲気、モチベーションにより指導内容が変わるのはしょうがない。

ただ、月謝外のサービスは一律である必要はないでしょ。
ここにはこのサービスを受けるために誰もお金を払っていない。
あくまでこちらの感謝の気持ちを表しているものだから。
これまで17年間、なんでも公平、一律に、
そしていつかは、
基本、どの催しにも前向きに、全員参加体勢が出来ることを願ってやってきたが
どーやら、そりゃ無理だ。
という事で、来年18年目からはお金を頂いていない部分は、“公平、一律に対応する” 
は辞めます。




本日、休業。
そして、明日も休業。
なので連休だぁー!
嬉しい。
土日の連休なんて、もう何ヶ月ぶりか全く思い出せない。
正月以来のような気もする。

週休2日のサラーリーマンがいるなら休みすぎだ。(笑)
週休2日ってかなり疲れが取れるぞ。
羨ましすぎる。
僕にしてみたら毎週末正月を迎えているような開放感だ。

お嫁さんのお母さんと、3人でお嫁さんの実家のそばで一緒に昼食を食べた。
お嫁さんのお母さんとは気が合い、時々時間が取れれば、どこかに出かける。
前回出かけたのが2月の秩父の氷柱見学で、
例年だと今月になるまでにもう1回くらい間に一緒にご飯を食べてそうだが、
今年はあおぞら杯があり、その準備で時間が取れず、
たまには一緒に食事に…と思いつつ、今日になってしまった。

食事のあとはお嫁さんの妹が務ているパン屋へ3人で行った。
実はこのパターンはお嫁さんの実家周辺で食事をした後のパターンとしては
ままあるパターン。(笑)
せっかくここまで来たし、妹の顔でも見て、帰るかとパン屋に。
家族3人でこられちゃ妹さんも迷惑だよね。
全て承知でやってます。(笑)

店頭には妹さんが書いた看板が↓
IMG_6345.jpg















なかなかのクオリティーだ。
上手く書くもんだね。
教わった訳じゃないとのことなのでセンスなんだね。
すげえな。

で、帰宅時に本屋に寄って帰った。
↓買った。
IMG_6346.jpg















実は、日活青春スター大好き。
僕が中学の時に香港映画同様に意外にTVでやっていたのが日活、大映映画。
録画してかなり見た。
この時代、この手の映画のレンタルはあまりなく、
見たけりゃTV欄をマメにチェックするしかない。
僕は、和田浩治・浜田光夫・市川雷蔵が好きだった。
和田浩治の映画を見て、僕も学校に馬で行きたいと思った。(笑)
この間蔦屋に行ったら、市川雷蔵の「ある殺し屋」・「続ある殺し屋」がおいてあったので
借りてみたら…
テンポ遅っ。
こんなだったけなあ。
もっとハラハラドキドキした映画だったんだけどな。
まあ、雷蔵はやはり渋かったよ。

テンポと言えば、
今、初めて「燃えよデブゴン 友情拳」を見てるんだけど
そんな面白い映画じゃないね。(笑)
リズム、テンポが遅い。
僕が中学の時に見てたカンフー映画ってこんなだったんだね。
考えて見たら音楽だって、
ズーのチューチュートレインを初めて聴いた時、
何この早い曲!!!!!
と驚いたが、今聞いてごらん。
スロー(笑)


国際大会話。
大会本番。まもなく競技開始。↓
IMG_6091.jpg















開始!
IMG_6105.jpg
IMG_6114.jpg










徒手は4人1組。
機械は3人1組。
上の写真2枚は、どちらも徒手の写真。

結果は…
大奮闘だった。
毎回県大会、国際大会、あおぞら杯と出てくれる生徒さんがいて、
今年こそこの国際大会上で銀賞くらい取れますようにと思っていた。
本人はメダルがあってもなくても、
自分の励みのためにやっているのだからどちらでもいいと言うものの、
やはりあった方がいいでしょ。
そして、銀賞がかろうじて取れた!
おお、やったー!
本人に報告したものの
「そうですか」
とケロッとした返事が返って来た。
本当に本人の話のようにメダルがあってもなくても大丈夫なんだなぁと思った。(笑)
まあ、でも主催者としては、
毎回いつも色々な大会にエントリーしてくれる生徒さんがいい形になったのは嬉しいよ。


今回の大会を見ていて思ったのは、生徒さん全員に余裕が出てきた。
確かにこれまでいろんな大会に出て来て、
毎回毎回はパッとした結果じゃなかったものの
それの経験が蓄積され、控え時、演武時に
堂々とした場数をこなした者のみが身につけることの出来る安定感が出てきた。
やはり1つ1つ積み上げていくことは大事なんだなぁと思った。










年商1千万が射程圏内に入って来た今、思うのは、
こんなに忙しく働いて、お客さんに気を遣って得られるお金がこのくらいだとしたら、
ここにどれだけの意味があるのか?だ。

今年富山に行った時に、富山の先生に
「その大きいカバンには何が入っているのか?」
と聞かれ、
「今後講座に必要な知識を得るための太極拳関係の本だったり、
中国語の語学力をあげるための熟語帳だったりが入っている。
往復の新幹線の中や隙間時間で見るつもりだ。」
と答えると、
「せっかく奥さんと一緒に来たのだから、
今度はそんなものを持ってこないで2人でゆっくり話をしたり、
そんな風に過ごしたらいい。仕事は忘れて。」
と言われた。

“まあそりゃそうだけど、そりゃ無理ですよ。自営業だから日々時間を惜しまないと。”

と心の中では思ったが、あれから、この重いバッグをかついで
どっか仕事に行って、
「う~疲れた。重い。」なんて思うと、富山の先生の言葉を思い出す。
昨日も撮影に行って、
既存の商品の売上動向と今後の方向をここ5年の売上データを元に話し合ったけど
キリがないね。(笑)

で、ここ(仕事)に使う時間も大事だけど、
もっと家族に使う時間も大事なんだろうなあって思った。
自分の中の第1の目標は、1,000万超。
稼いだこともないのに、
「お金じゃないよ。」とか言うのはやだ。
まずは、到達して、そこで判断したい。
世の中は到達したことがない人が、知ったようなこと言うから、
挑戦しようと思っている人の芽までつんでしまう。



指導の中で、一人一人やって貰って、
個々にアドバイスをする時間を設けるようにしている。
それは、教室の中で立ち位置によって見えない手の動きもあるだろうから、
一人一人正確に把握出来ているか確認したいから。
ただ、「この後は、一人づつやって貰います。」とか言うと
「ええ!?」と声があがる教室もある。
まあ、何となく気持ちは分からんでもないが、
こっちのテンションは下がるわな。
手を抜こうと思えばなんぼでも手が抜けるのを
あえてめんどくさい仕事を選んで、上手くなって貰おうと思っているのに。

だから、もう一律同じ指導は辞めた。
最近は、40を越え、何か催しがあったあとの週の
1週間22講座は疲れを感じる時がある。
自分自身学習意欲が高く、モチベーションが高い人間なので、
受講者のそのあたりの気持ちを見て、教え方を選ぼう。


昨日、見学に来た女性が変わっていたな。
2か月前に中国武術がやりたくなって、ネットで調べて、
興味があるとこがみつかったので、吉林省のカンフースクールに2か月行って来た。
それで数日前に帰国して、ネットでウチのスタジオを見つけて来たんだって。
何もやったことないし、中国語も出来ないのに、
行ってしまう大胆さと変人さ。(笑)
( ・∀・) イイネ!
聞いたら、大学はアメリカだったんだって。
この大胆さ、わかる気がする。
僕もそうだけど、日本を飛び出し異国で暮らそうなんて変わりもんだよ。
中国に言ってる時も、新学期ごとに日本から来るやつらは
一癖も二癖もあり変わり者だったよな。(笑)
そう言う自分も変わり者だったのに、帰国して日本での生活が長くなり
段々常識人になってしまった。
昨日の女性のあの走りっぷり、エネルギーが変人、自分の開放へのキーになったな。(笑)


大学の時は、暇だったから。
ギターで作詞作曲してた。
大人になったら愛や恋の歌詞も思い浮かばなくなったのと、
忙しくなったので、全く触れてないギター。
一昨日、久々に触れた。
何か今の心情とかをまた歌にするのもいいなあって思った。
40代中年の想い、歌。
で、コードブックを開いて、あの曲いいなあって言う曲のコード進行具合を見た。
まとめんの好きだからさ。(笑)
近々まとめようと思ってる。


そうそう、何でこんな内容のブログになったかと言うと、
パソコンの調子が今一つで出来ない仕事があって、
でも、それは代用したら問題はクリアして、
でも、多少時間がかかって、
でも、出来るわけ。

で、あおぞらまつりとかもやりたくてやってるわけじゃないのに
いつの間にか僕がやりたいものとして浸透して、
当初は協力するからやって下さいとか言われてやっていたのが、
今は、大畑さんために協力しますみたいな雰囲気になって…
変わってしまって…
色んなことがバカバカしくなった。
仕事を回すためにかけてる時間、努力を考えたら、
労力対効果が合わねえな~って。
こんなに気を遣ってあとちょっぴりのお金を稼いで目標に届きました!やったー!
ってのが急につまんなくなった。

まずは、手放そう。
で、お嫁さんと過ごす時間、歌を作ったりする一見無駄な時間、
なんかそっちを大事にすることをしたら、もっと登れるような気がする。
やはり人は、自分の気持ちに正直に生きる、
やりたいことしかしないこれに尽きる。

IMG_6225.jpg










最後に前回ブログにコメントありがとう。
松さん。

このブログ読んで、先生も疲れているんだな~って思ったよね。(笑)
でも、そうじゃないのよ。
スピリチュアルな感覚が降りてきて、
人生がうまくいくための自分の想い込みが、Yesでない気がして来たんだよね。















打ち込める時にブログも打ち込まないと
ブログにまで手が回らない時は、全く更新出来ない。(>_<)

国際大会に行く前に僕が願ったのは、
参加者全員の結果が皆の満足の行くものでありますようにと言うこと。
大会は、日曜でしょ、ここで結果が悪いとその日の夕食が微妙。
前回は微妙だったよ。
結果が出なかった人がどんよりしてるから、みんな気を使って暗~い夕食になった。
大人なんだから周りに気を使わせて、雰囲気が悪くなるような態度をとるなと言いたい。
気持ちは分かるが、最後の参加者全員での食事なんだから、
楽しく出来ないのなら部屋にいればいいのに。
多分、こう言うことするから結果も出ない。

最近、思うよ。
結果が出せない人は何かあるよ。
そう言えば僕も、この教室産業でやってくためのノウハウを指導してくれた先生が
「大畑君、生徒が増えないのには、何か問題がある。」
と常々言っていたのを今、思い出した。

今回の最後の夕食は良かったよ。
そりゃ勝負事だから、(´・ω・`)ガッカリ…ってこともありますよ。
でも、楽しく食事が出来た。
みんな大人だよ。ガッカリ感を出す人は一人もいなかった。
国際大会ツアーの僕の願い…
最終日の夕食が美味しくいただけますように。



誰が頑張ったとか生徒さんを挙げるのは、不公平感があるでしょ。
ここは身内話が一番無難。(笑)

お嫁さんが2015年前回エントリーした大会では、
女子24式太極拳C組には約10人の選手がエントリーしていて、
お嫁さん以外、全て北京体育大学の生徒。
結果は、ビリ。(>_<)
まあ、そりゃそうでしょ。
この組み合わせはダメでしょ。
そうそう本場の大学生には勝てませんよ。
日本チャンピオンをとるくらいの難易度。

で、今回は…
そんなに良くはない組み合わせ。
本人も(´・ω・`)ガッカリ…していたが、
ナント、結果は…

やりましたよ。
上位入賞で金賞!

↓大会前。あおぞら杯審判でおなじみ、劉志先生と。
IMG_6078.jpg















↓僕と。
IMG_6079.jpg
















本部席の前で賞状とメダルとを持って。
大会会場前でもパシャリ。
IMG_6176.jpg
IMG_6096.jpg















本当に良かった。
せっかく北京くんだりまで行くからね。
本人が嬉しいと思える流れにならないとね。



僕の成績は、
○42式太極拳 9.16  1位
○42式太極剣 9.15  2位
→剣の演武がこれ!

剣は1位が、日本で太極拳指導をしている
北京体育大学卒業生の徐広林先生。9.18。
前回も1位徐先生。2位僕。
今年こそ抜いてやろうと思っていたのにおのれぇ。
42式拳の動画はおいおいアップします。