FC2ブログ

激白!あおぞら杯の舞台裏③

激白!あおぞら杯の舞台裏①では、
あおぞら杯をやろうと思った経緯をご紹介し、

激白!あおぞら杯の舞台裏②では、
配慮している点や実際にかかる費用等、
事業計画のお話をしました。

そして、今日、第3弾では、
一番のこだわりの点、審判陣の選出についてのお話です。



あおぞら杯の一番のこだわりは審判陣。

審判をお願いするには
大学時代の同級生がいいと思った。
北京体育大学武術学部を卒業するための条件の1つに
国家一級審判資格の取得と言うものがある。
そのため同級生はみな国家一級審判だ。

もちろん北京体育大学の先生に審判をお願いしてもよいが、
これまで講習会のために先生を招へいした時には、
こちらの要望を聞くと言うよりは、
中国のやり方、
そして、先生自身の経験を重視する傾向があり、
おまけに僕とは学生時代、生徒と先生と言う関係だったため
こちらもあまり強くは主張しにくく、
先生の意志を尊重する形になってしまうことが多かった。

この「あおぞら杯」は僕自身が公正公平な競技会と言う
理想を追求して行うので
一般的にはこうやって競技会と言うものは運営するものだから…
みたいなものはいらない。
こちらの要望通りにやってくれることが何より重要だ。

そういった視点で考えると
同級生は何でも言いやすい。(笑)
中国の運営パターンとか、個人の経験はいいから、
黙って俺の掲げる理想を理解し、
それを実現するために職務を全うしてくれ
と思いっきり言える。(笑)

結果、競技会の運営の仕方を同級生に聞きながら
それを参考にして自分で練り直し、
これまで僕が聴いてきた
選手の大会の公平性を疑問視する声に応えるべく内容になるように
それらの要望を盛り込めた。
そして、それがプラスなこともあれば
マイナスなこともあり、
こうやった方がいいなと言う反省も分かった。



あおぞら杯の審判探しで何よりラッキーだったのは
国際級審判を獲得出来たこと。
中国でも大きい大会になると国家級審判はいるが
国際級審判まではなかなかいない。
それがこんな規模の小さい大会に国際級審判が!


写真は第1回競技会の審判団。
真ん中の黄色い服が国際級審判のジャー審判。

IMG_5313.jpg



ジャー審判とは面識は全くなかったが、
この「あおぞら杯」の審判探しで同級生が僕に紹介してくれた。
そして、何より、
このジャー審判が素直にこちらの要望をかなえようと
自分の主張を一切行わずに、
必要なアドバイスだけをしてくれ、
全力でこちらの要望に応えてくれようとする姿勢がありがたい。


経費を抑えるために
日本国内で活躍する中国の先生に審判をお願いすればいいのでは?
と言う案もあるが、
そうすると活躍している先生は限られてくるので、
審判陣の顔ぶれがどの大会も似たり寄ったりになってしまう。
現にあおぞら杯でも審判をお願いしている劉志審判は、
関東にお住いのため
結構、あちこちの大会で審判をしている姿を見かける。
僕自身も上半期中に2件の大会審判を打診されたが
審判陣はほぼ同じだ。
日本で活躍する先生としてしまうと
やはり主催者が頼みたい人材はかたよってしまい、
それだと大会のカラーが選手に伝わりにくい。

なので、僕はあえて中国から呼ぶと言うことをしたい。
海を越えてわざわざごこのあおぞら杯のためだけに来る
と言うとこが何より大切だ。
海の向こうの審判を呼ぶことにより
エントリー選手とは普段全く何の接点もないから
しがらみ、つきあいが一切ないので、
遠慮なくバサッとナタを振り下ろし、ジャッジを下せる。(笑)
これでこそ大会コンセプトの公平公正の実現が出来ると思っている。




それにはお金がかかります。
現在160名の募集に対し、
東京・埼玉・岐阜・山形・富山の1都4県より
40名の方がエントリーしてくれました。
ブログを読んで共感、賛同頂いた方は、
ぜひエントリーして
この「あおぞら杯」が継続できるように応援して下さい。

「あおぞら杯」実施前から決めていることがあって
それは2回赤字が出たら辞めるつもりです。
公正公平な競技会がほしいという意見をよく耳にしたので
立ち上げてみましたが、
選手が集まらなければ、それは需要がないと言うことなので、
この「あおぞら杯」はおしまいです。







【読み物】
お嫁さんの子育てブログ。
☛まあとサクちゃん、ベビコの日々、そのうちタイチ―




【受講者・参加者 募集中!】
西武新宿線「狭山駅」前に教室が出来ました!生徒募集中
次回は4月29日(月)第1式~第3式までを行う予定です。
参加費は1回500円。
☛毎月1回開催 24式太極拳講座



【第19回 森の太極拳参加者募集中】
2019森の太極拳
4月14日(日)野外講習会を行います。
今年で19年目!
32式太極剣の講習会をやります。
☛4月14日(日)第19回森の太極拳



【あおぞら杯開催記念 中国老師講習会受講者募集中】
2019年中国老師講習会
中国から老師が2名来日します。
来日記念の講習会を開催します。
24式と32式剣をやります。
奮ってご参加下さい。
☛5月18日(土)あおぞら杯開催記念「中国老師講習会」



【第3回 武術太極拳競技会あおぞら杯選手募集中】
resize_1枚目
公正公平だけを目指した競技会。
選手が一番納得の出来る競技会。
理想の競技会を追求するために
中国より国際級審判を招へいして競技会を行います。
どなたでもエントリー出来ます。
ぜひ、腕試しの場としてご活用下さい。
☛5月19日(日)第3回武術太極拳競技会あおぞら杯エントリー選手募集中!
*只今、東京・埼玉・岐阜・山形・富山の1都4県より40名の方がエントリー。
 160名の選手を募集しているのであと120名のエントリーを受付中!





スポンサーサイト

表彰台を作りました。

僕の運営方針は
最初からお金をかけ格好つけないで出来ることから徐々に。
あおぞら杯も限られた予算で少しずつバージョンアップしていて、

第1回目は、賞状を用意しました。

第2回目は、メダルと賞状授与の時の音楽を用意して、

今年の第3回目は、垂れ幕と表彰台を用意しました!

実は去年表彰台を用意しようと検束したらレンタルも購入も高い!
ので見送り。(泣)
今年は木工工房をやっている方にお願いして、
オリジナルのものを作成して頂きました。


エムズ・ウッド・ワークス政策による表彰台がすごい!

表彰台⑤


下の写真のような感じで表彰台があると競技会の雰囲気が出まくり!
この表彰台、エムズ・ウッド・ワークスさんのご提案で
“軽い”と言うのが1つの特徴。
軽さ丈夫さの両方を実現!


表彰台①


そして、何よりすごいのが
「普段は使うことがないですよね。
だったら、収納の際に場所を取らないものを制作しますね。」
と言われ、
どんなモノが出来上がるのかと楽しみにしていたら…


ナント重ねてしまえる。
2位の台は1位の台の中に、

表彰台②


3位の台は2位の台の中にと言った具合に。

表彰台③


最終的にこんな感じ↓

表彰台④


本当にいいものが出来上がり大満足です。







激白!あおぞら杯の舞台裏②

もともと人の立ち上げた企画だったものを
ひょんな流れから自分でやることになってしまったこの競技会。
理想は、中国から審判を5名招へい出来るのがベスト。
だけどそりゃ無理だ。
おそらく150~200万ないと実現しない。


コートを1つ作って、1日に見れる人数は約160人。
1人のエントリー費は5,000円として…


どんなに頑張っても80万の収益だ。
ただ、160人の集客はきついですよ。
3000人いる組織で競技会に出るのは300人。
1割。


自分のところと協力団体を合わせても1000人には到達しないでしょ。
仮に1000人いたとしても100人のエントリーがあれば大成功。
100人じゃ50万の実入り。
肝は、集客を出来る人と組めるか、組めないか?


そして、この大会は連盟の大会を否定するものじゃないと言うのも
大事なポイント。



以上のことを踏まえ、
2016年11月に数人の職業武術家の先生方に声をかけ、
新宿にて第1回企画会議を行った。
メンバーの中には、全日本選手権の審判を務める先生もいた。
この大会をやった場合、連盟からの心象は悪くならないか?
これはエントリーしてくれる方への配慮だ。


職業武術家が集まって仕事をするからには
しっかり自分たちの人件費も出さなければならない。
しかし、結局、自分たちの人件費までは行かず、
この業界の発展への貢献のみに留まり、
先生方はボランティア状態だ。(>_<)


ぶっちゃけ日曜1日だけの開催だと経費しか出ない。
これを土日と2日間出来ると人件費が出るようになる。
なぜなら、1日でも2日でも飛行機代は同じだから。


あおぞら杯、
コンセプトは合ってると思う。
これまでも散々既存の大会に不平不満のある人を多々見てきたから。
そう言う面々の1人だった僕が
同じ思いから立ち上げた競技会なので、
賛同してエントリーして貰えると嬉しい。
これで儲けてやろうとは思っていない。
せめて経費くらいは出したい。
最初から2年連続赤字だったら辞めます。
と言って協力をあおいでいるので、
毎年開催することが、まずは当面の目標。





【読み物】
お嫁さんが数年ぶりにブログを再開しました。
「まあとサクちゃん、時々タイチ―」がリニューアル!
まあとサクちゃん、ベビコの日々、そのうちタイチ―


【受講者・参加者 募集中!】
西武新宿線「狭山駅」前に教室が出来ました!生徒募集中
次回は3月24日(日)第1式~第3式までを行う予定です。
参加費は1回500円。
☛毎月1回開催 24式太極拳講座


4月14日(日)プラムタイチの梅澤先生を講師にお招きして
32式太極剣の講習会をやります。
大自然の中で行う太極拳はとても気持ちいいです。
☛4月14日(日)第19回森の太極拳



一つ一つの動きの
歩型、歩法、腿法、掌法、四正、四隅を
しっかり把握しているのと、いないのでは
演武に大きな差が出ます。
学術として42式総合太極拳を指導する
本格的な講座です。
☛4月21日(日)42式総合太極拳講座
*あと4名の募集です。


日々の練習に張りが生まれるように。
自分の力を試してみたい!
そんな方は、ぜひ!
合計80万円の経費をかけて
2名の審判を招へい
するBIGイベント。
そして、何より嬉しい日曜開催!
☛5月19日(日)第3回武術太極拳競技会あおぞら杯エントリー選手募集中!






激白!あおぞら杯の舞台裏①

あおぞら杯の内容の企画は
もともと僕の企画ではなかった。


別の先生が、
中国から審判を5人招へいし、
全日本大会級の大会に育てましょう。
空手は全日本大会が2つあるのに
武術太極拳は1つしかない。
別に2つ、3つ、
全日本と言う冠の大会があってもいいじゃない?
「大畑さん、一緒にやりましょう。」
とお誘いいただいて、
一緒にやることにした。


そもそも既存の大会に不公平感を抱いている人はいるが
愚痴を言うだけでアクションを起こす人はない。
もちろん僕もその一人だったので、
お話を聞いた時は
「すごいこと考えるなあ。」
と思った。
お金も150~200万は最低でもかかる
個人でやるにはビッグイベントだ。


僕がやったお手伝いで
僕しか出来なかったことは、
中国審判の手配。
5人の審判を手配することが出来た。


しかし、
その後、経費がかかりすぎるのと諸々の理由で、
審判をオール中国からと言う訳にも行かず、
当初、僕が抱いていたイメージとは誤差が生じ始めた。
これはやむを得ないことで、
仕事なんて企画したものが、
そのまま変化せずに形になる方が少ないんじゃない?


その内、
企画立案された先生から
「大畑さんには顧問と言う形でアドバイスを頂くだけにとどまって貰い
この企画に参画すると言うことでもいいですか?」
と申し入れがあったので、
「それなら、この企画はとてもいい企画なので
僕は僕でやってもいいですか?」
と聞いたところ、
「もちろん。全日本大会は2つあっても、3つあってもいいじゃないですか。
お互い頑張りましょう。」
と承諾を頂いたので、
事実上、この時点で僕はもともとの立案企画から離れる形になった。
そして、翌年、顧問の話もなくなったので
完全に関わりがなくなってしまった。


僕がこの企画を引き継いだのには2つ理由があって、
①僕自身も既存の大会に悔しい思いをしたので、
公正公平の大会は必要だと思っていたこと。
審判を全員中国から呼ぶなんて夢のような企画だ。

②すでに手配済みだった5人の中国審判には
断りの連絡をいれたのだが、
その内の1人は、来日をあきらめきれず、
この企画は次はいつ始動するのか
頻繁にメールが来るようになってしまった。(>_<)
さすがに先方の期待感がビシビシ伝わってくるので、
「もう完全になくなってしまったんです。この企画は。」
とは言えなかった。(笑)


そんな訳で、
大会を自分で主催して、
しかも審判は全員中国から呼ぶ。
これまでこう言うことは考えなくもなかったが、
個人でやるにはあまりにもお金がかかりすぎるのと
それだけの収益があげられとも思えなかったので
それに着手しようとは全く思わなかった。


僕の始めた「あおぞら杯」はこんな感じで
ひょんなことから流れが変わり始め、
僕が船頭さんになってしまった。(笑)








あおぞら杯の垂れ幕を作りました。

去年の反省会で中国の先生より出た案の1つは
「何の大会をやっているのか分からないから、
看板を作った方がいい。」
でした。


中国では大会ごとに看板が作成されます。
↓こんな感じで。

中国幕①


予算的に毎回作るのは厳しく、
かつ写真の大きさのものを作っても保管しておくとこがない。(>_<)



そこで、
僕が考えたのは横断幕の作成。
これなら撒いてしまえるし。
↓これが今年初お披露目の「あおぞら杯」垂れ幕です。

あおぞら杯2019垂れ幕

毎回制作費を捻出できれば
第3回と入れることも出来るのですが、
毎年の制作は予算が…(>_<)
と言うことで…

since

としました。
我ながらグッドアイデア!
去年のあおぞらまつりでも同じ大きさのものを作ったので
早速使ってみました。
それが↓こんな感じす。

あおぞら杯幕イメージ

いかがでしょうか?
何の大会をやっているのかはよく分かるようになったと思います。
ちょっとでも雰囲気を盛り上げることが出来れば嬉しいです。





2019年5月19日(日)第3回武術太極拳競技会あおぞら杯開催

第3回武術太極拳競技会あおぞら杯の
詳細が下記の通り決定致しました。
2月1日よりチラシを配布していきます。
毎年お世話になっている先生方には、
来週中に届くようにチラシを郵送致しますので、
今年もどうぞよろしくお願い致します。

このあおぞら杯は、どなたでもエントリー出来ます。
見にくいとは思いますが、
下記の内容をお読み頂き、
ぜひ、エントリー下さい。
お待ちしています。

resize_1枚目


resize_2枚目


resize_3枚目


resize_4枚目


どうぞよろしくお願い致します。




本日、太極拳技能検定に挑戦します。

本日、太極拳技能検定2級に挑戦します。
検定実施会場のスタジオには、
受験者全員がめでたく受かりますように!


めでたいと言うことで紅白のぶんたんをお持ちしました。
と生徒さんが置いて行ってくれた。

ぶんたん紅白

どこが紅白?
と思ったでしょ。(笑)


中身。(笑)


葉のついている方の中は赤で、
もう一方の方の中は白なんですって。
グレープフルーツの赤と白と同じよ。
発想が洒落てるなあ。(・∀・)イイネ!!




今現在僕は3級。
で、今日が2級の受験日で、
4月が1級の検定。
そしてこれに受かれば下半期は初段。
検定は現時点では
誰が受験しても初段取得まで最短で2年。
僕も初段が受かれば、
最短コースを走ることになる。


「先生は、大丈夫でしょ。」
と言ってくれる方は多いが、
そうでもないのよ。(>_<)
検定太極拳を覚えないといけないから。
これまでやって来た太極拳と根底は同じでも
身体表現の方法が違うからきついなあ。
それでもマメに連盟主催の講習会に参加し、
3段まで一気に駆け抜けたい。





【受講者・参加者 募集中!】

西武新宿線「狭山駅」前に教室が出来ました!生徒募集中
☛毎月1回開催 24式太極拳講座


太極拳検定に挑戦しよう!
☛1月26日第2回太極拳技能検定


2019年の太極拳ライフを一緒に始めましょう!
☛1月27日(日)第10回初稽古
参加者20名を突破!

24式太極拳のフォ―ムは正しいですか?
☛2月3日(日)大畑先生に学ぶ24式太極拳
定員まであと4名!

もっともっと太極拳を掘り下げて学びたい!
☛3月10日(日)目からウロコ講座
定員まであと2名!

好きなコトでお金を稼ぎたい!
来年度の営業に間に合うように今年度の講座開催!
☛好きなコトを仕事にする起業塾



2019年第3回武術太極拳競技会「あおぞら杯」初審判

一週間ブログが空いてしまいました。(>_<)
「先生、子育てが忙しいのでは?」と思われた方、
正解です。(笑)


実は、この一週間、
「あおぞら杯」の準備に動きがあり、
一気に打ち合わせ、審判のキャスティング、案内紙面作りと
作業が立て込んだためと、


下半期坂戸市連盟太極拳技能検定の段取りも
詳細な日程が決定しつつあるので
こちらの準備にも着手しました。



あおぞら杯は、
2019年第3回大会より、
埼玉県選手権、東京都選手権で審判として活躍されている先生を
キャスティングし、
中国審判+日本審判としたがったのですが、
こちらでぜひともお願いしたい審判の方々の
スケジュールが合わず、
実現はしませんでした。


この案が実現すれば、
中国から審判の招へいは
ジャー・ルイ・チ―国際級審判のみの予定だったのですが、
実現しなかったため
今年はジャー審判の他にもう1名中国から審判を呼びます。
国家一級審判のスン・ルオ・ハイ審判です。
あおぞら杯初審判です。
審判をお招きする時は、
渡航費・滞在費等全て保証するので、
1人お呼びするのに約30万の経費がかかります。
×2なので…


しかし、やはり肝の部分に経費をかけ、
あおぞら杯を更に盛上げて行こうと思います。

競技④
              (写真は、今年の第2回大会)




打算的に考えれば
この「あおぞら杯」を自分の業界ポジションを上げて行くためと
売上UPのためのアイテムとして使っていくことも可能ですが、
そもそもこの「あおぞら杯」は、
公正公平。選手のための大会を目指し立ち上げたので
私利私欲に走らず原点追求で行こうと思います。
運営資金獲得のためお金は稼ぐ必要はありますが、
お金の稼ぎ方にも質、種類があると思っていて
この「あおぞら杯」は僕のために稼ぎたくないなあ。










第11回あおぞら武術太極拳まつりHP UP用 Cブロック (HP転用資料作成中)

C-1 太極拂塵 演武者
C-1集合

C-1 太極拂塵 発表
C-1演武


C-2 24式太極拳 演武者
C-2集合

C-2 24式太極拳 発表
C-2演武2

C-2演武


C-3 太極夕陽美扇 演武者
C-3集合

C-3 太極夕陽美扇 発表
C-3演武


C-4 カンフー体操&24式太極拳 演武者
C-4集合

C-4 カンフー体操&24式太極拳 発表
C-4演武①

C-4演武②

C-4演武③

C-4演武④


C-5 各種中国武術 演武者
c-5集合

C-5 各種中国武術 発表
C-5 中国武術①

C-5演武②

C-5演武③

C-5演武④

C-5中国武術②


C-6 24式太極拳 演武者
C-6集合

C-6 24式太極拳 発表
C-6演武


C-7 伝統剣 演武者
C-7集合

C-7 伝統剣 発表
C-7演武


C-8 42式総合太極拳 演武者
C-8集合

C-8 42式総合太極拳 発表
C-8演武


C-9 楊式太極拳 演武者
C-9集合

C-9 楊式太極拳 発表
C-9演武



10月29日(日) 好きなコトを仕事にする塾 受講者あと1名募集中

あおぞら武術太極拳まつりが終わり、
息つく間もなく今度は自分が演武者として
舞台に立ちます。

10月29日(月)に行われる
中国文化太極学院の発表会にゲスト演武します。

①ムー先生発表会

もう半年くらい
練習する気力が起きずにいたので
これがいい機会となり、
一昨日から太極拳練習を始めました。
自分の感覚的には
持ってる力の30%しか出ない。
なまけていた証拠だ。
100%のチカラが出せるように
あと10日、頑張ろう。

②ムー先生発表会




自分で言ってしまいますが、
あおぞらまつりは集客面では成功したと思う。
今月の僕の太極拳絡みの特別の仕事は、

〇大田区民スポーツまつり特別講師
〇あおぞらまつり
〇中国文化太極学院ゲスト演武

の3本。
まつりの集客の成功から
他団体からの依頼まで今月も沢山仕事があります。

これはどうしてだと思いますか?
それは狙ってやってるからなのです。(笑)
規模の拡大、仕事依頼の増加、
これらは地道にやってれば来ると言うものでなく
戦略が必要です。

そう!
その戦略の立て方が
「好きなコトを仕事にする塾」
で学べます。

↓全56ページにわたるオリジナルテキスト
起業テキスト①

↓かなり厚い!
起業テキスト②



〇〇教室と言う形で、
趣味や特技を活かせそうな方は必聴!


・上手く行かせるための思考
・そのためのテクニック
・お客さんのステージ分けと各ステージに合わせたSNSの使い方
・法人、役所営業の仕方
・出版社の売り込み方等


好きなコトでお金を稼ぐノウハウを伝授します。
10月21日(日)12:00~ 好きなコトを仕事にする塾

クリック!☛好きなコトを仕事にする塾 詳細※定員あと1名


僕がうまくいっている理由の一つは
時間とお金をかけて来たし、今もかけてます。
それは、お金がない時から、
かけた方がいいと思ったものには
スパーン!とかけた。

よくお金がないからとか
そちらは自宅から遠いからと言う理由で
動かない方がいらっしゃいますが、
自己投資するべき時に自己投資はした方がいいし、
チャンスだと思った時は動いた方がいい。
自宅基準で考えていたら何も得られないと思いです。
判断基準は、自分にプラスになるか、ならないか。
お金、距離ではないです。


好きなコトだけして暮らす生活は
とても楽しいです。
あおぞらまつりの準備も
プログラムを作って、
我ながら立派な演武会が出来たなと
それを見ながらニヤニヤしたり(笑)、
当日、撮った写真でHPを作り、
再び、上手く行った充実感を感じたりと
とにかく忙しくはあるものの毎日が楽しすぎる。
自分が自分らしく、楽しめる環境を手に入れましょう!




ブログ記入者 大畑裕史 紹介

ブログプロフィール写真2019年6月用
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から武術・太極拳を開始。
9月23日生まれの44歳。
2018年11月16日に
赤ちゃん誕生!
只今子育て奮闘中。
赤ちゃんが可愛すぎる。

埼玉県武術太極拳連盟理事
坂戸市武術太極拳連盟理事長
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

大畑手相教室2019年開校!

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター