今、そこにある超近未来

出産するにあたり、
今、この時期での仕事は…

(>_<)

と言うことで病院から診断書が出たため
仕事は急遽1ヶ月の間お休みになった。

周りからは時々、
「先生、自分の身の回りのことは
奥さんに迷惑かけないで自分でやらなきゃダメよ。」
と言われるが、
もともと迷惑はかけておらず、
基本、家事は僕が一手に引き受けている。(笑)


お嫁さんの名誉のために言っておくが
彼女が怠け者なわけでなく、
僕がやりたいだけ。
誰よりも綺麗に掃除洗濯が出来る自信があり、
嫌いじゃない。(笑)


別にいい旦那なんです。
と言う主張ではなく、
高校卒業後は一人で海外の寮暮らし。
なので、炊事選択一通りのことは出来る。

↓二十歳前後の頃。自分の部屋で。

2018.6.27昔の写真

ただ、炊事は苦手。
寮暮らしだったので食堂があったし、
その頃の中国は物価も安かったしで、
食事は作ることがなく食堂か、外食。

帰国後も実家にいたのは1年程度で
すぐに家を出たのだが、
実家が近かったから、昨晩の実家の残り物をもらったり
弁当買ったり、外食したりで、
これまた自炊することはなかった。


まあ、でも出来ないよりは出来た方がましと思い、
時々は自炊をしていたものの、
一時マメに作ることもあるが、
すぐにやらなくなり…の繰り返し。


が、スマホアプリのクックパッド、クラシルの登場で
自炊に対するやる気が飛躍的に上がった。
人は長い人生を考えた時に、
帳尻があっているんだなあ
と思うことが増えた。

自炊がまさにそうだ。
今まで避けて来たので、
ここに来てついに必要に迫られた。

お嫁さんも出産後はもちろん動けないし、
子供が小さい時は、子供に手がかかるし、
と言うことは、日々をスムーズに運ぶためには
炊事も出来た方がいいに決まっている。

今、お嫁さんが毎日家にいるようになり、
まるでこれから始まる生活のシュミレーション状態になった。
2010年より、
仕事だけに日々追われる生活を卒業し、
ゆっくり過ごす生活を目指していたので、
いよいよ仕事100%生活を離れる時が来たようだ。

仕事、家庭、育児とバランスよくこなす
そう言う家庭人になれるように
今、トレーニングが始まった。
何事も練習なのだよ。(笑)


出産予定日は11月。
それまで自炊を繰り返していたら
相当手際よく出来るようになってる。
自分の今そこにある超近未来な姿が楽しみだ。








スポンサーサイト

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018.6プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター