搬拦捶の力の質

ずっと気になっていたブログの書き込み。
やっと手が付けられます。

言い訳をすると
〇確定申告の書類集め
〇あおぞら杯関連
〇森の太極拳関連
〇県の交流大会関連
〇HP打ち合わせと手直し
〇書籍執筆
諸々、

やらなきゃいけないことが多すぎた。(>_<)
ただ、バイトを雇うほど資金がないのと
やはり、僕自身、先生自身がやることが、
1つのサービスで、
入会、参加へとつながるので、
自分でやるしかない。
事務的な対応より、
僕からの熱い対応の方が嬉しいでしょ?(笑)


本題。


今日は宣伝。

バン2018年2月

スタジオ氣凛上級クラスでは、
現在、42式総合太極拳をやっていて、
例えば、搬拦捶 。

「相手の鼻先を狙って打ち込みます。」
と指導を受けるので、
打込んだあとに(写真のあとに)、
拳をすぐに右へ移してしまうのは初級、中級。


実は、このあとファンソン(緩める)して、
力の質を変えるのが上級。
どこを緩めて、
どのような力の質に変えるのか?
具体的に上級クラスではやってます。


興味のある方、本格的にやりたい方は、
スタジオ氣凛へどうぞ。
皆様のご入会をお待ちしています。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
28位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター