第5回首都圏交流大会

GWラストの6(日)は、
首都圏交流大会の審判を頼まれたので行ってきました。

②首都圏2018

「色んな団体が色んなことをやっているんだなあ。」
って思った。
ここの団体の企画は、4,5年前に
僕も競技会を主催しようと思った時に
このやり方を考えたことがあったので、
「なるほど。それを実現するとこう言う感じになるのかあ。」
と勉強になった。

結局、僕はこのやり方を取らずに、
中国から審判を呼ぶと言う形をとったが、
将来的な拡大を考えると
自分が進みたい方を選択したんだと思う。

数日前のブログに書き込んだが、
全日本大会は1つである必要がない。
同時に競技会も、
1つだけのパターンでなく、
色々なものがあった方がいい。

そう言う意味で、
各団体が様々な競技会、または交流大会を
企画、主催するのはいいことだと思った。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
28位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター