FC2ブログ

第2回あおぞら杯 お礼

ちょうど第2回あおぞら杯から一週間が過ぎました。

今年もエントリー選手を集めるのに苦戦することが予想されたので
今年は、賛助金なるものを打ち出し、
運営資金の充実を図ることにしました。

競技①

おかげさまで、
資金面で赤字を出すことがなく、
事業を終えることが出来ました。
これも、この競技会の趣旨をご理解頂き、
ご賛同頂いた選手の皆様のおかげだと
本当に感謝しています。

競技③

どんなにこんなことがやりたい!
と言っても、やはり資金がなければ実現することは出来ません。

競技②

リピーターでエントリーしてくれた方、
去年見に来て、今年はエントリーしてくれた方、
初めて今年本催しを知りエントリーされた方、
本当にありがとうございました。

競技④

中国の先生、そして、来賓の先生より
改善点をたくさん指摘されました。
来年はより良い形で運営を出来ると思います。
ぜひ、期待して第3回あおぞら杯へエントリー頂ければ嬉しいです。

選手が時間と費用をかけて、
仕上げた演武を
その日の演武水準だけで公正公平にジャッジする。
選手が出た結果に対し、納得が行く。

それだけは絶対にブレずに行きます。
これは、主催者の私とそれを信じてエントリーしてくれた選手皆さんとの
約束です。

そして、この競技会を交流大会のようにとらえ、
点数が辛いと言う声が去年、今年とありましたが、
私はこの大会をエントリーして頂いた全ての方を喜ばせるものに
しようとは思っていません。

努力してきたものが正当に評価される大会、
そして、あおぞら杯で高得点を出した選手は
他の大会に出ても、やはり高得点を獲得できる。
そういうレベルの大会にしたいです。

あおぞら杯では、いつも入賞するけど
他の大会では全く振るわないのよね。
と言うものにはしたくありません。

本気を真剣に審査する。
そのために審判の先生も
こだわって厳選したお2人にお願いしています。
来年もまたあおぞら杯でお会いしましょう!
エントリー、ありがとうございました!!!
感謝致します。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018.6プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
528位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
31位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター