FC2ブログ

太極拳技能検定

今日も写真は入らず活字だけのブログになります。
申し訳ない。

太極拳技能検定が出来始めた頃から
そんなの出来たんだ
って知ってて、
多分、95年頃、連盟の合宿が北京で行われ、
その通訳のアルバイトに行った時に
日本から来た方々に
2段を取ったんだあ
みたいな話を聞いた。

それから着実に技能検体は普及し、
結構身の回りでも持ってる人がいるねえ。
時々、先生はとらないのですか?
と言われるが、
民間資格だからなあ
ちなみに中国で僕が取った
国家1級選手は、中国の国家資格です。
なので、ずっとスルーしてきた。

しかし、ここに来て大きく報告転換し、
取得することにした。
それは、信頼している方より、
舵を切り直す決断をされたらどうでしょうか?
とご助言頂いたから。


日本で仕事をする以上、
とりあえずはあった方がいいのかなあ?
とも思っていたし、
僕が生きている間、
(社)日本武術太極拳連盟を頂点とする
ピラミッド構造は変わらないと思うし。

日本や全日本を冠につけた団体はいくつかあるけど
おそらく日連のみがオリンピック委員会に加盟しているんじゃない?
その他の団体も加盟されているようでしたらすみません。
勉強不足です。

現在、そして今後ともこれからこの現状が続きそうなら
よし、取ろう!
そう言う訳です。
別に異業種に取り組むわけでなく、
検定太極拳を学べばいいと言う、
行ってみりゃ、今やってることの延長に取り組むのだから
辛いこともないしね。


太極拳起業してこの18年間で
店舗を構えたり、書籍執筆をしたり、大学講師になったり、
自分の理想とする交流大会、競技会を実施したり、
こうあるべきだ!
と言う姿を追求してきた。
今後もその姿勢は変わらないが、
現状、最後の大仕事、競技会の実施までは
全て思い描いていたけど、
ここで既存団体が行っていないサービスの提供と言う点では
一段落し、充分、納得、満足の行く結果につながった。
あとはこれらを年々精度の高いものにしていくのが目標。


で、今度は手をつけてなかった技能検定をやろうかな
と、そー言う心境です。


僕をアンチ連盟だと思っている人もいるようですが、
別にそんなことはなく、
実際2001年より埼玉県武術太極拳連盟理事に就任しています。
記念すべき第1回あおぞら杯も県連盟に後援を頂きました。
2002年より
県連主催の交流大会、選手検大会も協力は行ってきており
自分じゃ良好な関係でいると思っているのですが…
実のところは役員さんに聞いて見ないと分かりませんが。(笑)













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018.6プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
528位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
31位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター