FC2ブログ

第11回あおぞらまつり締切りまであと2日

第11回あおぞら武術太極拳まつりの締切は
いよいよ2日後。
詳細は↓をどうぞ。

☛エントリーの仕方はこちらをご覧下さい。


太極拳が上手になりたと思ったら
人前でやるのは絶対必須!
出来れば個人戦がよりベスト!
と、言ってもいきなり個人戦は敷居が高いなら、
まずは、このあおぞらまつりで軽く流してみましょう。
そして、来年5月の「あおぞら杯」にチャレンジ!
こういう流れが良いと思います。


実は、僕は仕事がとてもうまく行ってます。

今年も声のかかっている講座、
自分で企画している講座、
書籍執筆契約が

まだまだあり、
通常の講座の他に変化にとんだスケジュールが盛沢山。
どれも大変楽しみです。
では、どうしてそういう展開になるかと言うと、
それは、来月の“好きなことを仕事にする塾”でもやるのですが、

“渦”を作り出すこと。

流れのとまった水は腐ってしまいます。
流れ続けていることが大切です。
自分の気
自分の運勢
も同じで、
流れを作り出すことが必要です。
本当に小さくて良いので、
“渦”を起こし続けます。
時間はかかりますが、
いつか小さい渦は、徐々に大きい渦へと変化していきます。
そうなるように“渦”を作り出す習慣・クセをつけることが
身の回りの全てが回り始めることにつながります。

僕も街のちっちゃいお祭りで演武を頼まれたり、
地元の公民館の文化祭のステージ発表に出たり、
と、小さいとこから踏み出し、
徐々に参加する、または誘われる
ステージが大きくなってきました。

なので、この「あおぞらまつり」に参加して
ぜひ、ここから皆さんの“渦”を作り出して下さい。


踏み出すことで何かマイナス的なことを言われることはあります。
しかし、踏み出さない状態は、
自分の立ち位置自体が落ちて行ってしまいます。
周りの発言はどうでもよいのです。
自分の気・運勢・たっているところ
それが上がって行けば、
そういう人たちが離れて行きます。
僕も今は
僕に対して否定的なことを言ってくる人はいません。
周りの方々は意欲的で、プラス思考な方々ばかりです。
作り出した“渦”に
似たような方を巻き込むことが出来たのだと思います。





今週は、来年のあおぞら杯について
劉志先生と意見交換をしました。
良い人材がいれば
審判を4人にして、内1人を日本人審判にしたらどうか?
と提案がありました。
理由は、おいおいブログ上で。

昨晩は来年の中国審判に
武術のメッカ
山東省
その地にある大学の先生に連絡を取り、
来年のあおぞら杯審判を引き受けて貰えないか
打診してみました。
これから家族、大学と話し合い、
家族の同意がとれ、スケジュール調整が出来るか
相談してみるとのことでした。

女性で、
山東省プロチーム出身
元北京体育大学武術代表チームメンバー
国家1級審判
と言う素晴らしい経歴です。

僕自身も“渦”をより大きなうねりに変えるため
あおまつりとあおぞら杯を抱き合わせ事業と認識し
自分の労働対価はとりあえず考えず、
第3,4,5回大会と
3大会であおぞら杯だけで運営が成り立つように持っていくつもりです。

あおぞらまつりも
やっと去年自分の労働対価が出るようになりました。
今度はこの分をあおぞら杯に投資し、
参加者の方に還元して行きたいです。


まつりも杯も
もっともっと大きなものにし、
収益をあげ、
そして、その収益を
まつり、杯に戻し、
エントリー者の充実度をはかる
その“渦”を作り続けます。


と言う訳で、
良い気が一杯あふれている
あおぞらまつり
年に1回なので
この気勢に乗らないのはもったいない!











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018.6プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
589位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター