第2回「あおぞら杯」にライ・ジン老師来賓として参加

ブログも日々宣伝続きで申し訳ない。
もっぱら関心ごとがそこにしかないので
どーしても話題はそっちに行ってしまう。

森の太極拳は、
前回ブログの告知も功をなし、
現在、お申込みは30名を超えた。
今年の内容は、
42式総合太極拳にしたので、
去年の24式と比べると
受講者数は減るのではないかと
懸念していたが、
目標集客数30人に届いて良かった。
4月1日からは、
当日のお申込みとなります。


僕の主催する講習会は
講習会当日の
受講者の立ち位置をこちらで決めており、
お申込みされた方から順番に
先生のそばになります。
なので、当日のお申込みでも結構ですが、
なるべく近くで先生の講義を聞きたい方は
早めにお申込みをして下さいね。
よろしくお願いします。




第2回「あおぞら杯」には、
北京体育職業学院副教授の
ライ・ジン老師が視察に見えます。
本場中国以外の国では
どのように太極拳が普及され、
どのくらいのレベルなのか?
と、諸々を今回招へいした
ルイ・チ―先生と行程を共にして
見て回ると言うことです。

審判業務にはつきませんが、
もちろん来賓として、
審判席には座って貰うつもりなので、
本競技会の雰囲気もグッと緊張感が出て
盛り上がるのではないかと思います。
ちなみにライ・ジン老師、
女性です。(笑)
中国の人の名前は、
僕らには性別が分かりにくい。(>_<)


現在、エントリー者は40名を越えました。
今年は、一定条件を満たした種目については
例えば、
その種目に10人以上エントリー選手がいるとか。

そういった条件をクリアした種目には
メダルを授与する予定です。
来月のブログは、そんな話をどこかで入れ、
集客アップをはかりたいと思います。









森の太極拳へ来ませんか。参加者募集中!

2017年とありますが、
2018年の間違いです。
すみません。(>_<)
曜日・時間は間違いがありません。

〇太極拳が上手になりたい方は、
4月22日「第18回 森の太極拳」へ
太極拳上達のための1つのポイントは、
頭の中に上手な人の演武を思い浮かべることが出来るか?
出来ないか?
しっかりと綺麗な太極拳演武をイメージして、
それに近づくように練習することが大切です。

そして、上手な人の演武を間近で
見ることの出来るチャンスがあれば
積極的に参加して下さい。
本物はDVDやユーチューブとは全く違います。

僕も初全日本大会参戦で、
初めて生の日本選手たちの演武を
見た時には衝撃を受けました。
力強さ、スピードが
それまで何度も見た大会対策資料ビデオと
同一人物の演武にも関わらず全く違うのです。
もちろん大会は、
TOP選手たちの迫力にのまれボロボロでした。

今回、森の太極拳の講師は、
2018年3月東京都大会で優勝し、
今年の夏の全日本大会に
東京都代表に選ばれた梅澤先生です。
今年の講座内容は、42式総合太極拳ですが、
この套路には、24式の動きもたくさん入っているので、
必ず参考になります。
一挙手一投足見逃さず、
ぜひ、ご自身のレベルアップにつなげて下さい。

2018年森の太極拳


現在、25名の申し込みがあります。
今年は、僕の生徒さんではない方からも
結構、「HP、ブログを見ました。」
とお申込みがあります。

やはり梅澤先生の演武を見たことが
ある方なら、
一度は、講義を受けたいですよね。

また、先生はすごくお若く見えるのに
〇〇代。
その美の秘訣に関心があり、
お申込みされた方もいるようです。
太極拳と美、
これは女性に限らず、
男性でも僕ら人前に立って仕事をする人間には
永遠のテーマ。


先生のお人柄、太極拳技術、
すべての魅力に触れることの出来る2時間です!
絶対、お薦め!!!




5.20(日)第2回「あおぞら杯」中国からのエントリーあり

録画しておいた映画「相棒Ⅲ」を見ながら
寝落ち2回。
3回目の眠りに入ろうと思いきや、
頭が覚醒してしまった。
Σ(゚д゚lll)ガーン
寝れない。

しょうがないので、
1時間程度仕事をしようと思い起きて来た。
ウエイク アップ
英語で「目覚める」って意味じゃなかったっけ?
まあ、どうでもいいや。

第2回「あおぞら杯」に
ナント中国からのエントリーあり!
3名。
中国の富裕層が多く住んでいる
と言われる浙江省からのエントリー。
3名。
僕らが日本で中国の人の演武を見る時は、
招へいされている
達人級の演武しか目にすることはないが、
今回のように
町の太極拳教室で
健康作りのために習い事として
太極拳をやっていて、
言ってみれば、
僕らと同じ動機、
同じような環境(週1とか週2くらいの練習回数)で
やっているプロチーム出身じゃない
フツーの人の演武は目にすることがない。

本場のフツーの人
ってのはかなりレアじゃないかな?
海外からの参加者もありで、
この「あおぞら杯」も国際色が出た。


開催地が坂戸で遠いと言う理由で
参加者が得にくいと
協力要請した内の先生の1人は言っていたが、

浙江省からは、
朝7時の中国国内線で上海に行って、
2,3時間国際線に乗り換えるために
上海空港で待って、
16時に成田着。
そこから税関抜けて、坂戸に着くのは
早くて20時前。
そう考えると、
東京に隣接してる県なら、
坂戸は近いよぉ。

エントリー選手は
中国選手のエントリーを入れて、
現在、40名!
まだまだ募集中!
エントリーをお待ちしています。





第2回 武術競技大会「あおぞら杯」の薦め

〇健康のために太極拳を始めた方は、
5月20日(日)「第2回 あおぞら杯」へぜひ!


太極拳指導に従事して、
18年目を迎えました。
仕事をしていて思うのは、
年配になると人の健康状態や若さは
実年齢とは関係がないようです。
同じ70歳でも若く見える人もいれば、
そうでない人もいます。
その人の生活習慣や思考が
大きく健康に影響を与えているようです。


結論から言うと、意欲的、積極的、
それ(対象の事柄)を楽しむことが出来る人からは、
元気で若々しい感じを受けます。


そう言う視点から、
「健康のために太極拳をやっている。」と言う方は、
ぜひ、この「あおぞら杯」に挑戦して下さい。
「私は、型を覚えていないから。」と言われるなら、
申し込みをすれば、
必ずその日までには型は覚えられます。
人は無期限で何かに取り組むより、
期限を決めて取り組んだ方が達成率が高いのは、
誰もが納得できるのではないでしょうか。


また、漠然と日々を過ごすより、
小さな目標を設けて生活した方が、
緊張感や張りが出ると思います。


自分自身の話で言えば、
この日に演武の仕事があると決まっていれば
練習にも身が入りますが、
何もない時は気が緩んでしまいます。
仕事も忙しい時の方が、体調が崩れません。
適度な緊張感と張りが
生活に良好な影響を与えているのだと思います。


今年のあおぞら杯には、
すでに80歳以上の方が2名エントリーされています。
締切り日ギリギリまで様子を見て、
元気だったら90歳の方もエントリー予定だと聞いています。
ぜひ、この「あおぞら杯」を
健康作りにご活用頂ければ幸いです。




「第2回 あおぞら杯」に進捗状況 審判追加!?②

90年代前半は、中国人の個人単位での
出国はまだまだ難しかった。
本気で出国したければ
行きたい国の男と結婚でもしなきゃ
行けない
そう言う時代。
だから、いわゆる美少女が
外国人と出国目的に付き合っている
なんて悲しい現状があった。

2000年くらいから
親族訪問ビザで
中国人と日本人の間に、
親族でなくても
友達関係や恋人関係が証明できれば
ビザが降りるようになった。
それでもこの手続きは
専門家にお願いしないと
ビザがおりないほどハードルが高かった。

だから、僕も
在学中に同級生と一緒に仕事をすることも
ないし、
ましてや、彼らと日本で会うなんて
思ってもいなかった。
卒業=今生の別れ

が…

時代は大きく変わった。
個人が観光ビザでこれるようになった。
それも、
今は中国人=お金がない
とか思ってる日本人は多いが、
一般階級も
我々並みには持ってる。
もしかしたら、
向こうの方が持ってるんじゃないの?
だから、
この「あおぞら杯」にも
海外での太極拳普及具合を
肌で感じたいから、
手続き、費用は自分でやるから、
同級生が主催してるなら
ちょっと行って視察して
今後の自分の仕事に活かしたい。
なんてことが出来る。


卒業して20年。
こんなにも早く
こんな時代が来るなんて
全く想像も出来なかった。
外食だって、
今、北京で
ガスト級の飲食店で
ご飯を食べたら、ガストの
1.2倍~1.5倍。
日本で飯食った方が断然安い。
物価も人の行き来も全く
思いもよらなかった時代到来。
世の中、グローバルとよく耳にするが
本当にそう。

僕も海外の大学で培った人脈が
今後生きてくる可能性が十分に出てきた。



【宣伝】
下は氣凛スタジオ料金案内と既存講座紹介。
良かったら読んで見てね。



スケジュール下部分

「第2回 あおぞら杯」に進捗状況 審判追加!?

全く思いもよらないとこから
中国の体育学院の副教授が
審判に来てくれるかもしれない。

僕の同級生。

どうして来ようと思ったのかは
不明だが、
審判が増えることは大歓迎だ。
コンセプトは、
日本で太極拳指導に従事していない人を
審判に!
と言うものなので、
こっちで働いてなく、
本場、中国からやって来てくれるのは
嬉しい。


この話をまとめるのに
昨日、劉志先生にお願いの電話をした。
劉志先生は、
日本で太極拳指導に従事しているものの、
去年、審判をお願いしたら
めちゃくちゃ仕事が出来た。
道理で学生時代も生徒会とかやってたわけだ。


日中のスタッフで仕事を進めて行く
本「あおぞら杯」は、
やはり中方の窓口、そして、日方の窓口が必要。
そう言う視点からも
劉志先生の協力は必要不可欠。


(つづく)


〇次回は、この展開を迎えられる日が来るとは
と、そう言う話です。
お楽しみにね。




第2回 武術競技大会「あおぞら杯」は今、こんな感じ

5月に行う「あおぞら杯」。

☛第2回「あおぞら杯」詳細は、ここをクリック


現在、30名近い選手の方々がエントリーしてくれました。
運営的には、100人のエントリーがあると+-0 なので
あと70名ほどドーンとお待ちしています。


去年はチラシを1万枚作った。
で、結局、5000枚近く余ってしまったので
今年は、3000枚にした。
ひとしきりいつもご協力頂いている
先生、生徒、取引先団体の方々に
チラシ配布のお願いをし、
お知らせを届けたい方には、
行ったんじゃないかなと思う。
本当に毎度、毎度
ご協力ありがとうございます。


で、残りを坂戸市内9つの公民館に
配布をして貰おうと
先週、関係機関にお願いしてきた。

2018中央

坂戸市後援事業のため、
こうやって市内の公共施設で
チラシを取り扱って貰えるのは嬉しい。
市内の総合運動公園にも置いて貰えるように
お願いはしたが、
責任者不在のため、今週末の回答になった。



去年は、僕自身が知らなかっただけで
全日本チャンピオンが中国武術部門に
エントリーしてくれた。
PCが去年末に壊れ、
悲しいことに去年の「あおぞら杯」データが
全部飛んだ。
かろうじて今年に入り、
チャンピオンとのメールのやり取りがあったので
まあ、このメールで「あおぞら杯」の
お誘いをしてもいいのだが、
エントリー費を徴収するのと、
去年は、「あおぞらまつり」で
グランドチャンピオンとして演武もして貰っているので、
何か今年もエントリーしませんか?
って声がけがしにくい。(>_<)
結局、売り込みの営業だからね。
と、言う訳で、
こちらの方は、風の噂で耳に入り、
また、エントリーしてくれたらいいな~
って祈ってる。


現在、中国からもエントリー方法について
確認が来ています。
ここもエントリーしてくれると、
国際色が出て盛り上がりそう。


皆様のエントリーをお待ちしています。
助けると思ってよろしくお願いします。








第18回森の太極拳チラシ作成裏話

3月1日、昨日は天気が大荒れ、
そして、今日。
日はこれまで以上に早く昇ようになり、
大分、暖かくなった。
朝のスタジオ掃除が楽になったよ。


しかし、ここからが本番だよ。
花粉地獄。


森の太極拳チラシ。
まさか2018年が2017年になっていたとはね。
レイアウトを考え、
今回、特に重視したのは、梅澤先生の写真。
ご本人はとても綺麗で気さくな先生なのに、
写真はキリッとした感じのものばかりで、
良さが伝わる写真がない。

去年のものを色々探して見つけたのが、
生徒さん数人と写っていた写真。
今年は、先生の人柄がよく分かる写真を
載せることが出来ました。
きっと先生ファンの
先生の生徒さんも納得してくれる1枚になったと思います。

この点に満足してやりきった感があったのと、
このチラシを作ったのが1月だったので、
何となく頭に2017年感が残ってた。(笑)
で、紙面上は2017年。 Σ(゚д゚lll)ガーン
他はバッチリだったのに。
悔しい。

2018年森の太極拳








第18回 森の太極拳

今年も梅澤先生を講師にお招きして、
森の太極拳を行います。
どなたでも参加出来ます。
お申込をお待ちしています。

2018年を2017年と打ってしまいました。(>_<)
曜日・時間はあっています。


2018年森の太極拳




第2回武術太極拳競技会「あおぞら杯」エントリー受付中

結婚前は、60~62kgだった体重は、
この正月にジャスト70kg。(笑)
いわゆる幸せ太りと言うやつで、
毎日お嫁さんと旨いものを食べてたら太った。(笑)

そこで、先月末あたりから食事を切り替え、
お嫁さんが糖質オフ料理を作り続けて2週間。
もう3kg痩せた。
まーね。(*^^)v

他にも出来るだけ歩くようにした。
ウチからスタジオまで片道1,5km。駅まで2km。
これらを車を使わず徒歩で行く。
そして、自主練。
去年10月頃から妙にやる気が出てきて、
今年は仕事の比重をだいぶ練習に傾け、
良い具合の充実度。
健全な魂は、健全な体に宿る
まさにそんな感じで情緒も良い。


さて、第2回武術太極拳競技会「あおぞら杯」
エントリー状況です。
去年はこの時期、1,2名のエントリーしかなく、
「大丈夫か?」
と不安だったが、今年はすでにもう
10名程度の方のエントリーがある。
その中で80歳以上は2名!
知人の先生から聞いた話だと、
今年は90歳の生徒さんが
「あおぞら杯」にエントリー予定とのこと。
今のとこ、
30代から80代までのエントリーがあり、
競技会なのにこの幅が
太極拳のすごさや魅力の1つだと思う。
競技会を嫌がる人も多いが、


それに向けての練習、
人前でやる緊張感、
それに挑戦しようと言う精神面での張り、


実は、健康つくりのための
1つのベストアイテムだと思います。
ぜひ、エントリー下さい。

第2回武術太極拳競技会「あおぞら杯」要項







ブログ記入者 大畑裕史 紹介

2018.6プロ
“ひろふみ”です。
”ひろし”ではないのです。(笑)
ジャッキー・チェンに憧れ、
13歳から太極拳を開始。
9月23日生まれの43歳。

埼玉県武術太極拳連盟理事
国営武蔵丘陵森林公園講師
獨協大学講座講師
上尾スゥイン講師
スタジオ氣凛代表
NAS川越講師 
著書多数

本場に行かずして太極拳を習得!

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター